« コンテンツに対する一考察。そしてお別れの辞… | Main | デスクトップリビング with Mac…(その1) »

2007.01.11

遺伝子を紡ぐ指

 日本時間の01/10深夜に行なわれた、スティーブ・ジョブズによるMacworld San Francisco 2007 基調講演。

 その報道を見た親友に背中を押されて、ささやかながら一日の更新…。

 珍しくはにかんだジョブズ自身による会場に招いた家族への謝辞(目が潤んでましたよね)、そして会場の割れんばかりのスタンディングオベーション。

 基調講演を見終わったとき、自分は時代の1ページを幸運にも見ることができたのだ、と心から感じました。同時に、自分のおかれている状況を考えると身につまされるものがあります。素晴らしいモノを世の中に自分の手で送り出す、彼らと自分の違いに唇を噛む思いでもあります。




 iPhone。



 iPod携帯と伝えると、その本当の意味が分からないことでしょう。ぜひ、Appleのサイトにいって、そのユーザーインターフェスを"感じて"ほしいです。


 そう、それは

 これです!!!











20070111 05
ジョブズ本人が「そうこれだ!」と(冗談で)表示させた時は、爆笑でした(笑)





 本当は、こっち。

20070111 02
携帯電話なのに表のボタンは下部のHomeボタンただ一つ



 サイト基調講演の動画をご覧になると分かると思いますが、同じタッチパネルのインターフェースでも、Appleがデザインするとこうなるのか!というインパクトの連続です。タッチパネルで指を上下させるスクロールも、滑るような美しさ。iPodとして使う時にはアルバムのジャケット写真を裏返すことでそのアルバム内の曲を選び直せます。


20070111 03 → 20070111 04
現行のiPodにも欲しい操作性





 基調講演の中で、「Macのマウス」、「iPodのクリックホイール」に続く3度目のインターフェース革新と語っている下りがありましたが、これまでのタッチパネル操作と異なり「同時に複数箇所を"指で"触って」ということが特筆されるでしょう。画面上で拡大・縮小を行なうとき、2本の指でつまむように操作すると縮小、拡げるように操作すると拡大、というあたりだけでもその直感性に感心させられます。

20070111 06
※この技術の特許をAppleが取得している話は少し前から知られていましたが…



 iPhoneはMacとiPodの遺伝子を忠実に受け継ぎました。画面におけるアニメーションはMac OSXで馴染みのものですし、Sync & Chargeという考え方はiTunes & iPodで当たり前になりました。

 でも、それ以上にこれらから綿々と伝わってくる遺伝子は




情報を触れられるものにする






 ここに尽きるのではないでしょうか。

 我々が日常、「情報(データ)」といっているものは物理的な存在ではありません。だからこそ、同じ情報でも様々な見方や取り出し方ができます。単なる数字の羅列を円グラフで見たり棒グラフで見たりすることも、文字列の固まりをサイトとして見たりすることもその一つの例です。

 Appleはこの情報の直感的なイメージ化アクセスの仕方に長けているんですね。

 ファイルやフォルダといったイメージ化による直感的な情報管理、それを画面で操作する手の代わりとしてのマウス、この操作方法をシンプルな形で定着させたMac。

 膨大な曲のファイルを付加したタグでくくり、指を回すコントローラでスムーズに到達できるようにしたiPod。

 目的に応じて最適なボタンを持った画面に変わるマルチポイントタッチパネルを採用したiPhone。

 見えないものを見えるものにするだけでなく、容易にアクセスし、触れられるようにすること、私はこれこそがソフトウェアに携わっているものが常に志さないとならないことだと思っています。

 しかし、これのまた難しいこと…

 革新を何度も成し遂げるAppleに脱帽です。






──────────────────────
 1年近く振りのひっそりとした限定更新となりました。近況です。

 昨年は、本当に激務でした。精神的にも体力的にも辛かったですね。奥さん共々そんな状態で、実はまだ二人ともその状況は変わっていないのです(苦笑)。

 家族の支えって、本当にありがたいですね。身に染みています。

 皆さんの今年一年が素晴らしいものでありますように…

|

« コンテンツに対する一考察。そしてお別れの辞… | Main | デスクトップリビング with Mac…(その1) »

Comments

お久しぶりでございます。
Appleのニュースを耳にするたびに
Solidさんが 私みたいな初心者でもわかるように
記事をアップして下さったなーって
思い出しておりました。

お仕事に支障がない程度に
また 限定更新して下さいね・・・

Solidさまも素晴らしい1年を過ごされますように。

Posted by: 冬薔薇 | 2007.01.17 at 05:41 PM

気がつけばひっそりと限定更新されていたんですね^^
お久しぶりです。

お忙しいようで、身体には充分に気をつけてくださいね。

私も今年はかなりの激務になっていて、更新もままなりません^^;

Appleの話題で、また限定でもかまいませんので、お目にかかれることを楽しみにしております^^

Posted by: ★TAK | 2007.01.25 at 05:00 AM

久しぶりにSolidさんの記事からお知恵を借りようと来てみたら・・・
お会いできて嬉しいです。(T^T)
お忙しいようですが、また更新されるのを楽しみにしています。
(林囓を早く更新しろよ!(笑))

Posted by: Metal | 2007.02.11 at 07:40 AM

皆様、お返事が遅れて申し訳ございません。こんなブログでも訪れていただいて恐縮です…。皆様の毎日が素晴らしいものでありますことを。

>冬薔薇様
ソフトウェア業界にいると、Appleの「新しいものを楽しそうにパッケージングしてやり遂げる力」の凄さに打ちひしがれることがあります。
今回のiPhoneもそう思わされました。何か、自分の中に取込みたいものです。

>★TAK様
世の中、仕事にいい意味での「余裕」を許さない傾向があるような、そんな風潮を感じます。人がみんな摩耗していっているんですよね。激務、お察しいたします。
お体にはお気をつけて…

>Metal様
折に触れて拝見しております。Appleというエンターティナーは未だ健在ですよね(笑)。
また遊びにいかせていただきます。ありがとうございました。

Posted by: Solid Inspiration | 2007.02.19 at 10:09 PM

Solid Inspirationさん、お久しぶりです。ブログ『takekaze@human_being』を更新しておりましたtakekazeです。今はwhitecapsと言うハンドルネームで『White Board』という名前の新ブログを更新しています。

Solidさんの記事の更新を見ていたのはもう何年も前で、その頃はWindows XPを使っていたのですが、今はおかげさまで私もMacユーザーです。やはり直感的な操作性などMacを使う方が自分にはしっくり来ると感じています。

私はしばらくネット環境から離れていました。復帰したあとSolidさんがブログの更新を止めたと知って、早速コメントを入れさせてもらおうと思ったのですが、なぜか送信ボタンを押してもページに反映されず文章も消えてしまい、二重投稿をおそれたということもあってそのときはコメントは控えさせていただきました。またSolidさんが一記事更新しているのを見つけて、今回コメントさせていただいています。

Solidさんに「Solid Inspiration」と「Canora Pats」の名前の由来の記事を読ませていただいたとき、自分はSolidさんはなんて鋭い感性の持ち主なんだろうと思いました。他のたとえばMac関係の記事にもSolidさんの深い考察が現れていると感じました。また、竹風という名前を私のブログへのコメントでほめてもらったことを今でも覚えています。

iPhoneいいですよね。自分も欲しいと思います。発売が待てません。今私が持っている携帯(スマートフォンでない普通の携帯)のOSはどうも見た目から判断するに半透明の画像が扱えないようで、いろいろなアイコンでジャギーが見えます。その点iPhoneはOS XのサブセットOSを搭載しているということで全くジャギーが見えません。ようやく携帯の画面の分野にもデザインという要素が重要視される時代が到来したのだと思います。そして、今回Solidさんの所のリンクからAppleのサイトでiPhoneのイントロダクションの動画を見て、予想以上の直感的ですばらしいアニメーション効果を実感しました。

このコメントはもう5月の日付ですね。記事のチェックが遅れたことをお詫びいたします。またいい機会があったら、興味深い記事をお願いします。

Posted by: whitecaps(takekaze) | 2007.05.18 at 06:56 PM

>whitecaps(takekaze)様
お久しぶりです。コメントをいただきありがとうございました。覚えていていただき、本当に光栄に思います。
サイトを拝見いたしました。様々な考察や、創作などその力に敬服することばかりです。Macをお使いになられたとのこと、なんだか嬉しくなりますね(笑)。
かつて、SFはフィクションでありましたが、今はその多くが現実のものになってしまっています。想像力を挟む余地が少なくなって、我々は技術に"夢"を見なくなりました。
でも、Appleはそんな凝り固まった思考を溶かしてくれるような、そんなアイディアに満ちています。そんな知的会話をいつまでも楽しんでいたいものですね。
ますますのご活躍をお祈りいたします。ありがとうございました。

Posted by: Solid Inspiration | 2007.05.20 at 11:14 PM

どうもお久しぶりです。あらびーです。
あいかわらずブログは続けておりますが
アイドルマスターを集中的に取り上げたりと、
どこに向かうブログなのかとんと見当がつきません。
まるで舵の利かなくなった船のようです。

さて昨日6月14日、Yahoo!japanとiTunesが提携しました。
私はこれがiPhoneがSoftBankMobileで発売される布石だと思えてなりません。

au使いの私にはちょっと寂しいですが、
iPhoneが2008年に無事日本で発売されることを願ってやみません。

それではご健康に気をつけて。

Posted by: あらびー | 2007.06.15 at 10:37 PM

>あらびー様
ごぶさたしております。ブログは時折拝読させていただいています。
私の琴線に触れるネタも多く(笑)、これからも更新を楽しみにさせていただいています。

iTunesとYahoo!ミュージックの提携は驚きましたね。ワーナーのiTMSへの参入があったかと思えば、今回のような提携ですから、どこぞの陣営がどんどんスミへ追いやられている感もありますね(苦笑)。

私はwillcom使いですので、iPhone発売の折にはやっぱり悩むと思います。

でも買ってしまうんでしょうね。きっと…。そんな気がしてなりません(笑)。

コメント、本当にありがとうございました。

Posted by: Solid Inspiration | 2007.06.17 at 12:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42074/13443225

Listed below are links to weblogs that reference 遺伝子を紡ぐ指:

« コンテンツに対する一考察。そしてお別れの辞… | Main | デスクトップリビング with Mac…(その1) »