« W-ZERO3で「ニュース・プラス1」を観る | Main | イメージバトンにて »

2006.02.11

俺たちに満腹はない

 先日来、私のココログではWillcomW-ZERO3を使った話がよく出ますが、客観的に自分の使い方を見てみると、スケジュール管理をメインとしたPDA的な使い方でもなく、本来の姿であるPHSでもなく、




コンテンツ消費端末






になっていることに気がつきました。

 動画も見られる、音楽も聴ける、電子書籍を購入して読書もできる、これらをこの小さいハコに詰め込み、ひたすら消化しているわけです。



W03 01
#実際にその全てをまだ試してはいませんが…






 この、消費して消化しているという部分が、iPodを使っているときには感じられなかった部分です。iPodで音楽を聴いている分には、一度聴いたものでも何度でも繰り返し楽しんでいたので、「消費していっている」という感覚はほとんどありませんでした。

 ところが、iPodは今や動画に対応し、PodcastVideocatといった日々使い捨てていくコンテンツをも含むようになってきています。
 最初は、「アマチェアにも発信できる機会が開かれた!」と考えていたのですが、ここ数日、別の考えにも思い至りました。
#遅きに失した感もありますが(苦笑)



 Appleは携帯情報機器の宿命に気づき、必死に手を打っているのではないか。





携帯情報機器は

常に飽きさせないモノで

あり続けないといけない







 最初は手持ちのCD、次にオンラインでの音楽購入、それから無料で提供されているPodcast、今は動画…、iPodのPodは豆などの"さや"を意味するそうですが、我々は中身の毎日違う"豆"を求め続け、食べ続けようとしているのですね(苦笑)。

 AppleがiLifeシリーズで、PodcastやVideocastの制作環境を充実させていっているのは、既存のコンテンツホルダーの身動きの重さを分かっているからでしょう。より多く、より新しいコンテンツをAppleは欲しているのです。iPodエコシステムというものは、iPodの周辺機器市場ではなく、創り手と受け手の循環ととらえるべきなのかもしれません。

 ここまで書いていて、ふと思い至ったことがあります。




Apple自身もコンテンツなんだ







 常に飽きさせない新しい話題を提供し続け、その発表を劇的にするために秘密主義を貫く。なるほど、たしかにコンピュータ会社として見ていたら「その秘密主義ではサードパーティも困るだろう」と思いますが、コンテンツそのものだと思えば納得がいきますね。鮮度とインパクトが命ですから(笑)。

 Appleのシンボルマークであるかじりかけの林檎。その由来は「噛む(bite-バイト)」と、コンピュータのデータの単位である「Byte(バイト)」を掛けたものだ、と聞いたことがありますが、今やこのシンボルマークが意味するのは





Byte Apple

いつまでも

なくなる事なく

食べ続けられる果実






 なのかもしれませんね。

 そうあり続けていてほしいです。

|

« W-ZERO3で「ニュース・プラス1」を観る | Main | イメージバトンにて »

Comments

最近の携帯電話でHDDを搭載したものがありますが、これを見た時、今のiPod等の携帯ミュージックプレーヤーって無くなってしまうんじゃないか、一瞬そう思ってしまいました。
音楽だけを聞くことが出来るよりも、それにプラスして電話もかけられたり、WEBブラウズ出来たりした方が「いいなぁ」って感じたからです。
この先のiPodがどのように進んでいくのかはわかりませんけど、更に貪欲になっていく我々ユーザーを引き止めていくためにAppleが放つ「次の1手」がとても興味深いですね。

Posted by: ★TAK | 2006.02.12 at 02:01 PM

>★TAK様
私もそう思いました。

ただ、実際にW-ZERO3を使って思うのですが、音楽プレーヤを再生させながらネットをしたりなどの操作をするには、まだまだ直感的な操作が追いついていないんですよね。携帯電話のユーザーインターフェイスは、まだまだ稚拙です。

iPodが携帯電話の機能を飲み込む、そういう進化をした時が強いようには思えました。

Posted by: Solid Inspiration | 2006.02.12 at 07:17 PM

こんにちは。
うーん、さすがに面白い意見ですね。

確かにAppleっていつもサプライズを届けてくれるブランドですよね。
発表の度に、今回は面白かったとか、そうでもないよとか、Appleを使っていないヒトも含めてちょっとしたムーブメントを起こすのが常ですからねぇ。
Solid Inspirationさんみたいに、いろいろ裏を読んでくれる人もいますから、退屈せずに済みますし。

「Apple自身もコンテンツなんだ」という意見に、私、全面的に賛成させていただきます。

Posted by: るき | 2006.02.13 at 09:47 PM

>るき様
ありがとうございます。

先日来、Apple系の噂サイトでは次期iPodについての噂がかまびすしいです。より大型でタッチパネル式となった液晶を積んだiPodや、通信機能など…。

今回書いたエントリーから考えると、iPodの通信機能は必ず通る道だと言えるでしょう。インターネットを見る、オンラインでコンテンツを得る、これでiPodは無限のPodになるわけですから。ただし、それは同時にAppleにとってiPodの最後の進化となるように思われます。

まだまだ、予想できない何かをお腹をすかせて待っていたいものです(笑)。

Posted by: Solid Inspiration | 2006.02.13 at 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42074/8605362

Listed below are links to weblogs that reference 俺たちに満腹はない:

» アメイジング Amazing [憂鬱天国 - my blue heaven -]
おっとーっ、2月28日にアップルから新製品の発表があるそうですよ。 MACお宝鑑定団 APPLE L [Read More]

Tracked on 2006.02.22 at 11:34 PM

« W-ZERO3で「ニュース・プラス1」を観る | Main | イメージバトンにて »