« January 2006 | Main | January 2007 »

2006.02.27

コンテンツに対する一考察。そしてお別れの辞…

 前回の更新より2週間ほど時間が経ってしまっていました。仕事が多忙を極めたのも一因でしたが、自分の中で書く「何か」が湧いてこなかったというのが正直な原因です。

 いろいろ考え抜いた末での結論として、大変恐縮ながら本エントリーを当ブログの最後の更新とさせていただきたいと思います。今まで、本当にありがとうございました。

─────────────────────────────
 2/11に「俺たちに満腹はない」というものを書いた際、自分も含めた多くの人たちが「コンテンツの飽食期」にいる現状をあらためて認識することとなりました。

 個人におけるパソコンや携帯電話といった情報機器は、コンテンツを消費するデバイスだと言い切ってしまってもいいでしょう。長い時代その地位にあったテレビも、今やその範疇にあるデバイスの一つに過ぎません。

 このことは、コンテンツの中身の定義付けがこれまでと大きく変わってしまったことをも意味します。

 本は本屋で買ってきて読むもの、テレビは家に帰ってスイッチをつけてみるもの、音楽はCDを買って聴くもの、映画は映画館やDVDで楽しむもの…、これまでのコンテンツは「場所」や「モノ」といった実体や空間が伴っていたので、同列に考える機会はあまりありませんでした。

 しかし、今は上記のほぼ全てがパソコン上で同じように楽しめる時代。コンテンツを提供する側は、上記全てのコンテンツの中から消費者に選ばれる競争にさらされているのです。

 それらを念頭において、各々のコンテンツのオンライン上での「価格設定」を俯瞰してみると、未だに既存の考え方から脱皮できていない業界も見受けられます。


 音楽:iTunes Music Store
  …1曲あたり150円・200円

 文庫:ebookjapan
  …角川文庫は1冊あたり400円〜600円弱
   ※文庫系は著作権が切れた作家の作品が多いですね…
   そういった作品は青空文庫で無料で読めるものが多くあります

 コミック:Yahoo!コミック
  …だいたい294円。Mac不可

 TV番組:アニメ(BANDAICHANNEL)
  …1話あたり200円〜400円 ただし視聴期限あり(7日前後)
   ※アニメは意外と積極的ですね。ただしMac不可


 コンテンツがオンライン化されていった場合の値段設定について、私は「消費時間」という観点からの検討も重要になっていくのではないかと考えるに至っています。コンテンツそのものを賞味し尽くし、廃棄しても構わないと思えるまでの時間がどれだけかかるか。作り手の側からすれば、制作費・期間などを考えるとそういった指標で判断されるのは受け入れがたいかと思われますが、オンラインコンテンツはいわば「消費者の時間をいかに自分たちに振り向けさせるか」という闘いです。そこにはもう既に、無料のコンテンツ(個人のブログやホームページ、ニュースサイト、PodcastやVideocast)が十分に市民権を得ているという現実を直視する必要があるということを忘れてはなりません。

 本当は、その「消費時間」という観点から各コンテンツの特性を踏まえた価格設定の提言・公式化をしてみたかったのですが、残念ながら私の技量では手に負えませんでした(苦笑)。iTMSは、音楽という特殊なコンテンツの成功例です。音楽は他コンテンツとの排他性も少なく、1つのコンテンツ(曲)に対する消費時間が長いんですよね。1曲5分で150円と考えると1時間あたり1800円にという計算になりますが、実際に楽しむ「消費時間」で希薄化するとかなりリーズナブルな値段に落ち着くように個人的には感じられます。

 このあたりについては、ご興味を抱いた方の今後の研究に委ねさせていただきます…(笑)。

 ただ、こういったオンラインコンテンツが様々な価格体系を持って乱立し合う現状は、パソコンや携帯電話が普及した現状においては遅きに失しているとも言えます。

 私は、遠くない将来に各コンテンツを全て統合したオンラインダウンロードサイト&アプリケーションの仕組と、サブスクリプションサービス(定額制)が提供できるところが現れたときこそ、本当の意味でのインターネットによる"革命"と呼べるのではないかと思っています。

 実は1月のMacExpo前の噂では、Appleが.Macサービスを利用し、映画のオンラインサービスを始めるのではというものがありました。

 そのアイディアはかなり唸らされるほどのもので、インターネット上の自分のフォルダに、購入したコンテンツの情報のみを保存しておくというものでした。つまり、コンテンツ自体は、インターネットに接続した状態でストリーミングで楽しむというものです。

 ファイル自体は自分の手元にないのですから、パソコンを変えても、データがクラッシュしても、他のマシンからログインさえできれば自分の購入コンテンツを楽しむことができます。提供者としても、コンテンツを違法に配られる心配が減ります。

 聞くところによると、来る2/28日にApple社はクパチーノの本社で行なう謎の発表の招待状を配ったとして、様々な憶測が生まれているとか。

 現在のところは、iPodの周辺機器やIntelチップを積んだiBookの後継機の発表ではとする説が有力のようですが、私にはそういうコンシューマ向けの発表をするにはずいぶん地味な場に思えます。記憶では、Apple本社で行なわれた発表は過去にはXServeの発表だったはず。

 新しいサービスの話がひょっとして…、されると嬉しいですね。

─────────────────────────────
 さて…

 思い起こせば、当ブログの最初のエントリーが2004年の7月7日でした。それから約1年半が経ったことになります。

 当時は結婚を10月に控え、不安と浮かれ気分とが入り交じっていたものでした。忙しくも、書くことで気がまぎれていたのかもしれません。

 広大なこのインターネットの世界で、自分の書く記事に目を留めていただける方などいるのだろうかと訝しんだものでしたが、多くの方々とのご縁に恵まれ今日まで続けることができました。コメントやトラックバックなど、自分の書いたことに対する反応がいただけなかったら、もっと早くに挫折してしまっていたことでしょう。

 お一人お一人にはあらためて心より厚く御礼申し上げます。与えていただきましたお力に較べれば、何もお役に立てなかった身ではありますが、皆様の今後のご活躍を心から祈念してやみません。

 また、末筆になってしまいましたがApple-Styleを運営されておられます新種林檎研究所所長様に、この場を借りてお礼とご挨拶をさせていただきたいと思います。

 Macユーザの方々が多くご覧になるサイトに、当ブログの記事を多くご紹介いただき、大勢の方に読んでいただくことができました。

 以前から雑誌などで存じ上げておりましたので面映ゆく恐縮する一方、馴れ合いになることがないよう、"挑む"気持ちで記事を書くことができました。お読みいただいた上でご紹介いただけているのでは、という手応えを感じながら続けられたことが、望外の喜びです。

 深い知識、洞察力や美しい感性をお持ちになっている方々がMacユーザには数多くいらっしゃいます。Appleに驚かされる楽しみが、新しくMacの世界に足を踏み入れる方々に、より多く伝わりますように…。








ありがとうございました!

※本ブログは当面の間、削除せずに残しておく予定です

| | Comments (14) | TrackBack (1)

2006.02.13

女のひと言

 土曜日の昼下がり、近所のケーキ屋で二人でお茶をしていた時のこと。

 手元の端末で何気なく見ていたニュースに、思わず私が言葉をあげていました。

(私):「うーん、これはあんまりだなぁ…。」

(妻):「なになに?どうかしたの?」



育毛剤問題 トリノ出場は不可(Yahoo! スポーツ 2/11)

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は10日、育毛剤の服用でドーピング(禁止薬物使用)の疑いが持たれていたスケルトン男子の有力選手、ザック・ランド(米国)に対し、1年間の出場停止処分を科すと発表した。これにより同選手のトリノ五輪出場は不可能となった。米国オリンピック委員会(USOC)も処分を受け入れたことを明らかにした。



(私):「…育毛剤はさ、男の聖域なんだよ。なんだか…その…、あんまりだよなぁ…」

(妻):「そうね…。つまり…、






全てむしり取られたってことね」






………

……………

………………誰がうまいこと言えと言った…(苦笑)。




#しばらく大笑いしながらも妻に感心していました。
 さすが本職。Good Job!!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2006.02.12

イメージバトンにて

 お世話になっている、「映画チラシ集めました」のみやりん様よりイメージバトンをいただきました。



※イメージバトン


(ルール)

イメージでつながっている言葉の最後に、自分のイメージする言葉を加え、新たに3名様を指名して、バトンを渡す




(これまでの流れ)
「私の夢」→「あなたの一番大切にしているもの」→「次の世代に伝えたいこと」→「理想の熟女とは」→「自分の子供に望むこと」→「モテモテ体験談!!」→「一番困ったこと!」→「あなたのターニングポイントはいつでしたか?」→「人生で一番恐かった事」→ 「女性の度胸とは?」→ 「男性の愛嬌とは?」→「あなたの中の子供な所?」→「あなたが大事にしている事は?」→「無駄遣いと思う瞬間は?」→「あなたのここぞという時の必殺技は?」




 そこでいただいた私へのお題は『あなたが健康のために気をつかっていることは?』というものです。

 …難しい…。

 私、タバコは吸いませんし、お酒も飲み会の席以外では滅多に飲みません。お酒のある席の雰囲気は好きですが、酔って思考力が低下していくのがなんだか時間がもったいない気がして…(苦笑)。

 でも、だから健康かといえば





とんでもない!!!







 元々運動があまり好きではないこともあり、年齢とともに体重は少しずつ増加しています。
 ジムに通ったり、ランニングや水泳をコンスタントに続けている奥さんにはいつも「運動不足が心配」と言われるのですが…。

 その中、敢えて「健康に気を使う」とすれば、奥さんの料理をなるべくいただくこと。二人とも働いていますし、帰りも遅いですから平日は難しいのですが、外食でお腹を壊すことはあっても、奥さんの料理でそんな目にあったことはないです(笑)。

 生きる、こういったことに普段なかなか目を向けることはないのですが、自分のことで奥さんに迷惑はかけたくないですしね。

 健康、できればずっとそうでありたいと願っています。

 続いてのお題ですが

「あなたが決して捨てずに逃げるものは?」

 としたいと思います…



が!





 バ、バトンは落としてしまいました…。どなたか、拾って続けていただければ幸いです…。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2006.02.11

俺たちに満腹はない

 先日来、私のココログではWillcomW-ZERO3を使った話がよく出ますが、客観的に自分の使い方を見てみると、スケジュール管理をメインとしたPDA的な使い方でもなく、本来の姿であるPHSでもなく、




コンテンツ消費端末






になっていることに気がつきました。

 動画も見られる、音楽も聴ける、電子書籍を購入して読書もできる、これらをこの小さいハコに詰め込み、ひたすら消化しているわけです。



W03 01
#実際にその全てをまだ試してはいませんが…






 この、消費して消化しているという部分が、iPodを使っているときには感じられなかった部分です。iPodで音楽を聴いている分には、一度聴いたものでも何度でも繰り返し楽しんでいたので、「消費していっている」という感覚はほとんどありませんでした。

 ところが、iPodは今や動画に対応し、PodcastVideocatといった日々使い捨てていくコンテンツをも含むようになってきています。
 最初は、「アマチェアにも発信できる機会が開かれた!」と考えていたのですが、ここ数日、別の考えにも思い至りました。
#遅きに失した感もありますが(苦笑)



 Appleは携帯情報機器の宿命に気づき、必死に手を打っているのではないか。





携帯情報機器は

常に飽きさせないモノで

あり続けないといけない







 最初は手持ちのCD、次にオンラインでの音楽購入、それから無料で提供されているPodcast、今は動画…、iPodのPodは豆などの"さや"を意味するそうですが、我々は中身の毎日違う"豆"を求め続け、食べ続けようとしているのですね(苦笑)。

 AppleがiLifeシリーズで、PodcastやVideocastの制作環境を充実させていっているのは、既存のコンテンツホルダーの身動きの重さを分かっているからでしょう。より多く、より新しいコンテンツをAppleは欲しているのです。iPodエコシステムというものは、iPodの周辺機器市場ではなく、創り手と受け手の循環ととらえるべきなのかもしれません。

 ここまで書いていて、ふと思い至ったことがあります。




Apple自身もコンテンツなんだ







 常に飽きさせない新しい話題を提供し続け、その発表を劇的にするために秘密主義を貫く。なるほど、たしかにコンピュータ会社として見ていたら「その秘密主義ではサードパーティも困るだろう」と思いますが、コンテンツそのものだと思えば納得がいきますね。鮮度とインパクトが命ですから(笑)。

 Appleのシンボルマークであるかじりかけの林檎。その由来は「噛む(bite-バイト)」と、コンピュータのデータの単位である「Byte(バイト)」を掛けたものだ、と聞いたことがありますが、今やこのシンボルマークが意味するのは





Byte Apple

いつまでも

なくなる事なく

食べ続けられる果実






 なのかもしれませんね。

 そうあり続けていてほしいです。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2006.02.09

W-ZERO3で「ニュース・プラス1」を観る

 今週の月曜日より、日本テレビの夕方のニュース番組である「ニュース・プラス1」が夜からストリーミング配信されることになりました。


ITmediaニュース:日テレ「ニュース・プラス1」を無料配信



 日本テレビ放送網は2月6日から、ニュース番組「ニュース・プラス1」の無料ネット配信を始める。同番組の公式サイトや「第2日本テレビ」「日テレNEWS24」のサイトで視聴できる。

 月〜金曜日の夕方に放送している同番組のうち、全国ネットで放送している約27分間(午後5時50分〜6時17分)の部分を、CMを抜いて午後8時ごろからまるごと無料配信する。




 これまでにも、各局ではニュースを記事ごとにストリーミング配信をしてはいましたが、在京キー局が「番組をネット配信する」という事は、個人的には画期的かもしれないと思っています。第2日本テレビといい、日本テレビは今のところ自身でのネット配信で一歩先んじていると言えるかもしれません。その姿勢は歓迎したいところです。
「ニュース・プラス1」はMacでも観られます



 さて、ブラウザでサイトを見る限りでは大きな画面では見られませんが、下記のアドレスをWindowsMediaPlayerに入力する事により、フルスクリーンで観る事も可能です。

http://www1.ntv.co.jp/news/DAI2asx/plus1_300k.asx



 今回、これを先日購入したW-ZERO3に応用してみました。再生させているソフトは万能プレーヤであるTCPMP(参考:SHINO-BLOG(AVI'S) 様)です。なお、回線速度の関係で無線LAN経由でないと厳しいと思われます。






 上記、うまく再生されているでしょうか?

 実は、今回から動画をFlashで公開する方法にトライしています。

らくちんFLVメーカー

 上記サイトに登録(無料)し、手元のムービーをサイトからアップロードすると公開するためのタグが作成されます。それをココログに貼付けるだけ。

 今まで、QuickTime形式で置いていましたが、Flashの方でも試してみたかったんです。結構きれいではないですか?

 デジカメのムービー機能で撮影したものなどを簡単に公開できます。

 ぜひ、試してみてください。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2006.02.08

東芝HDレコーダー RD-H1のデータをMacでDVDに

 愛用している東芝のHDレコーダー。パソコン上から録画予約ができたり、ストリーミングで映像を見れたりと、なかなかの優れものです。Macとの親和性が高いですよね。

 録画しておいた番組をネットワーク経由でMacにダビングするためのソフトがあります。それがvrxというソフト。ソフトを起動し、Mac上でサービスを立ち上げると、東芝のレコーダー側からMacがRDシリーズとして見え、動画のファイルをコピーできます。

 これまでは、そのファイルをDVDとして保存するためにToastを用いていたのですが、先日、とある2時間番組を奥さんに頼まれてDVDにしようとした際、Toastが最後の最後で「容量が足りんのやけど?」とメッセージを返して挫折…。
#番組が「ホスト特集」だったからでしょうか…
 奥さん、瞬きもせずにご鑑賞でした(苦笑)

 ネットで他の方法をあたったところ、いいソフトがありました。

 Movie File Reel

 RDシリーズで録画した.vobファイルをそのまま手軽にDVDにできます。私の環境ではだいたい1時間くらいでできました。
#プレビュー画面上でチャプタ打ちも可能です

 しかもお値段が900円なんですよ!Toastを買った事をちょっと悔やむ値段です(苦笑)。

 RDシリーズをMacでご愛用の方、お勧めします。

 なお、QuickTimeではMPEG形式の動画は編集できないのですが、MPEG Streamclipというソフトでならば、それが簡単に可能です。これは、必携のソフトですヨ。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

2006.02.05

W-ZERO3雑感

 先日購入したと書いた、WILLCOMの端末であるW-ZERO3を少々いじっていました。

 全くの畑違いですから、やはりいろいろ調べる必要があるのですが、幸いWikiページがあり、そこでだいぶ情報を仕入れることができました。

 標準でWindowsMediaPlayerがインストールされているにもかかわらず、それではネット上の動画のストリーミングすら観られなかったのですが、マルチメディア系のソフトでTCPMPというソフトを入れる事によって解決しました。Macで言えばvlcのようなものですが、H.264のファイルまでも再生したので驚きです。

 Macとのファイルの受け渡しは、とりあえずMac側でWeb共有を開始する事によってなんとか行ないました。解凍系のソフトさえどうにかなれば、あとは本体のみでダウンロードしてインストールまで行なえます。もう、十分に小さなパソコンですね。
#使い勝手はスマートではないですが(苦笑)

 便利だな、という感想はあります。普段自分が使う用途の範囲内であれば、十分に広い液晶とキーボードでかなりのことがやれるわけですから。

 ただ、"楽しいか"と聞かれると、そこまではいかない気がします。なんと言うか、触っているだけでワクワクする、というところまでは難しいかな…。Windowsを使っているMacユーザの感覚と同じですね。昔使っていたVisor(PalmOS)の時とはちょっと違う…。

 iPodの開発時に、ジョブズが自分の聴きたい曲に達するまで3ステップ以上かかることを好まなかったために、あのようなホイールと階層構造ができたという話を聞いたことがあります。

 Palmを使った時も、基本的なアプリケーションはボタン一つで起動できましたし、追加したアプリケーションを起動するのも、もっと直感的で楽だったように思えます。

 ユーティリティで拡張すればある程度は実装できますが、こういったことが練られてこない事が少々残念かもしれません。数値化できる事ではありませんが、とても大事なことです。

 ソフトウェアは大事ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.02.03

W-ZERO3へ機種変更

 忙しさにかまけて更新が滞っておりますが、なんとかやっています。
#出張が多い…

 えーっと、とりあえずですが、品薄もようやく解消されつつあるみたいで入手できました。




W03 01






 週末にはちょっといじくり倒してやろうと思っています。ただ、母艦としてWindowsがないとカスタマイズしていこうと思うとやっぱりキツイですね、現状では(苦笑)。

 操作は一日である程度慣れましたが、ところどころで練れてない部分、もしくは不安定さを感じたのも事実。

 特に、iPodに慣れている身には「ホイール」系のデバイスがない操作性に少々不満が残ります。

 とはいえ、可能性は感じます。このサイズで普通にインターネットに接続し、メールを打ち、写真を撮り、動画を観て、電子文庫を読む…、遠方への出張にはもってこいでしょう。
#バッテリーは頭の痛い問題ですが

 OSはWindows Moblie5.0だそうですが、Appleがこういったデバイスを作ったら…。





夢は見ますが

今それをされたら

泣くに泣けぬ…







 おっと、風邪を引いてしまった奥さんが起きたようなのであやしてきます(笑)。

 皆さんも体にはお気をつけ下さい…。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | January 2007 »