« 寒い… | Main | 2005年の自分のエントリーを振り返って… »

2005.12.30

Appleの来た道、そして行く道

 帰省客のラッシュのニュースをどこも報じています。高速道路に連なる渋滞のテールランプは、多くの人の故郷への思いを乗せている事でしょう。

 道(みち)…

 いや、年末は格闘技の季節だからといって(いつからそうなったんだ…)猪木さんの名言をおっぱじめようと言うわけではないのですが、今年ほどAppleに力強い「道」を示された年はなかったように思えます。本当に話題が多い一年でした。

 2005年1月に行なわれたMacWorldExpoでは、Mac miniiPod shuffleiLife'05iWorkと信じられないほどの発表を行ないましたが、ここに今年のAppleの力強い意気込みと方向性があふれていたように思えます。当時の私の印象に、

 その前に、旧来からのMacユーザの方々は今回のExpoをどうお感じになったでしょうか。私は、"Apple(ジョブズ)は少し丸くなったなぁ"と感じました。

(中略)

 Appleにはどちらかというとちょっと気位の高い孤高の芸術家っぽいところを感じてきていました。周りの意見に耳を傾けることなく、自分が信じた道を突き進んでいるような…、そういう姿勢でこれまで切り拓いてきたんですよね。
 Appleの会社としての個性はスティーブ・ジョブズの個性と大きく重なりますが、昨年のガン手術を経て何かが変わったのではないのかな、と感じています。
というものがあります。

 Apple(=ジョブズ)が出さないと行ったものは出ない、私のそれまでのイメージを覆したのはこの時だったのではないでしょうか。

 PowerPCからIntelチップへの移行、iPod miniからiPod nanoへの大胆な転換、動画対応のiPodリリース、リモコン内蔵のiMacG5発売…、どれをとっても昨年の私がそれを聞かされたら、1年後の自分からの言葉でも信じなかったような気がします(笑)。それなのに、今はもうそれを普通に受け入れている自分がいるんですよね…。

 来年はどうするのでしょうか。今年の流れを充実させるだけでしょうか。

 私はそう思っていません。Appleが今一番対峙しなくてはならないのが「携帯電話」だからです。私は携帯電話が不得手ですが、メールやインターネットをこれだけで全て済ませているという人は増えつつあるように感じています。パソコンメーカにとっては既に見過ごせない存在です。

 Appleは「それだけで全て完結する」というデバイスとしての携帯電話(=携帯端末)には否定的です。Mac本体の売れ行きに問題が生じるからだけではなく、"ポケットに入れて持ち歩くような小型のものにすべてを押し込むのは使いにくい"と判断しているのではないでしょうか。バックアップやデータの保護にも不安があるのでしょう。

 どこでも通信が可能でデータのやり取りも可能になっている携帯電話とパソコンをうまく組み合わせるデバイス…、私は「デジタルハブ」を標榜するAppleならばそれを打ち出す可能性を強く感じています。

 インターネット上のオンラインスペースに携帯端末用のデータを置いておきパソコンと携帯端末とでいつでもそれを利用し合いながらどこでも自分の環境を利用する、Appleはそういったサービスを展開するのに一番近い立場にあるのではないでしょうか。

 Appleはまだまだ進化をやめない、そう信じて年明けのMacWorldExpoを楽しみに待っています(笑)。

 2006年の年末の私はどんな一年を見ている事でしょうか…。

|

« 寒い… | Main | 2005年の自分のエントリーを振り返って… »

Comments

来年は、Appleにとってどんな年になるんですかね〜。
確かに携帯でメールやインターネットは用が足せる世の中になってしまっています。
でも、クリエイティブなことをするには、Macだ!という姿勢は失って欲しくないですね。
日本人ももっとそういう風に変わっていくんじゃないかと思っていますけど。

今年は、管理人さんのおかげで良いモノを作ることができました。
来年もよろしくお願いいたします。m(__)m

Posted by: Metal | 2005.12.31 at 12:54 AM

私が携帯電話で望むもの、、、それがオンラインストレージなんですよね。
それほどの大容量が必要か?といえば、今はまだ必要な時期ではないと思っているのですが、Solid Inspirationさんが仰っているように、PC(Mac)とのデータ連携などを考えた時に、きっと必要になってくる、そんな気がしています。
それとまだまだ先になるかもしれませんが、携帯からのPodcastの投稿及び、携帯電話本体の音声認識入力でのテキスト化>ブログの投稿などもこの先のブログの可能性によっては出てくるようにも思っています。

まだまだブログ自体も歩き始めたばかり、、、どんな方向に進化していくのか、、、楽しみですね^^

Posted by: ★TAK | 2005.12.31 at 03:55 AM

>Metal様
その節は大変にお世話になりました。おかげさまで、一つの残せるものとなれたと思います。本当にありがとうございました。
Appleは近年、本当にこちらの想像以上の事をしてきてくれています。楽しみですね。
来年もよろしくお願いいたします。

>★TAK様
まだ入手できていないのですが、W-ZERO3には衝撃を受けました。こういった製品ソリューションはAppleにも欲しいところですし、.Macとパソコン本体とで三位一体にすると新しい展開ができそうに思えます。
来年が★TAK様にとってもさらに素晴らしい年でありますように…

Posted by: Solid Inspiration | 2005.12.31 at 11:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42074/7907311

Listed below are links to weblogs that reference Appleの来た道、そして行く道:

« 寒い… | Main | 2005年の自分のエントリーを振り返って… »