« '80s マリリンよ安らかに… | Main | Memoirs of a Geisha(邦題;「SAYURI」) »

2005.11.08

受け継ぐということ

 最近、奥さんは着物にハマっています。

 私の母は、亡くなった祖母が好きだった能を自分なりに追いかけているのですが、その過程で着物や茶道もたしなむようになりました。

 そんな母が、奥さんに自分の着物を一枚くれたんですよね。息子二人という我が家ですから、自分に娘ができたようなそんな感覚なのでしょうか。

 着物とは全く縁がなかった奥さんですが、よほど嬉しかったのか友人の結婚式にその着物を着ていったんです。身内びいきかもしれませんが、綺麗でした。本当に雰囲気が変わるものなんですね。

 新しい世界に目覚めたようで、いつの間にか茶道教室、着付け教室に通い始めています。驚いたことに、奥さんの友達も着物の着付けを習ったことがある人がほとんどでした。

 「日本の文化」なんて大仰なことは言いませんが、好んで大事にしてくれるのであればそれが一番。

 母はいい教え方をしたのかもしれません。

|

« '80s マリリンよ安らかに… | Main | Memoirs of a Geisha(邦題;「SAYURI」) »

Comments

いいですよね~、着物。
奥さんの美しさ、周りの方が目を見張ったのではないでしょうか。
クレオさんが着付けの資格持っていらっしゃるんですよ。だから私も彼女に着付けしてもらいました。
着物ってああ見えて合理的な衣類なんですよね。
私も好きなんですが、なかなか機会にも恵まれないですよ。最近は古典の着物や、古着のような着物を扱うお店も増えてきて、素敵だなぁと思います。いつか足を運んでみたいものです。
で、この今日のSolidさんのエントリー、公開待ちの私の今日のエントリーと関連があると言えばあるし、レベルが違うと言えばそうだし・・・。
ってまたトラバしますね。

Posted by: コングBA | 2005.11.08 at 08:03 AM

着物っていいですよね。普通に街中を歩いていても、着物を着ている女性の方を見ると、私もはっとして目を奪われたりします。Solid Inspirationさんもきっと同じなのかななんていう想像をしながらも、自分の奥様を誇らしいようなそんなお気持ちで見ているのかもと想像しています。

受け継ぐということ。
私自身も最近「能」という古典芸能に興味を抱き始め、ちょうどそのことを意識し始めていました。自分が好むか好まないかという嗜好は当然あるにせよ、好きでその価値が理解できたとしたら、後への橋渡しができれば幸いだと思っています。

Posted by: Azumi | 2005.11.08 at 10:08 AM

着物・・・はまりますよ!
今 大正ロマンブームですから
古着屋さんにいくと 欲しくなるものばかり。

私も好きだけど 着ると太巻き昆布巻きになっちゃうので 似合う似合わないのレベルではありませんが・・・

でも 時代に流されない。多少寸法が合わなくても 大丈夫!がいいですね。
これだから長く受け継がれるのだと思います

Posted by: 冬薔薇 | 2005.11.08 at 10:34 AM

追伸
222222を踏みました!
朝から縁起がいい気分!

Posted by: 冬薔薇 | 2005.11.08 at 10:35 AM

着物はいいよ〜。私も好き!
でも、Solidさん、奥さんが着物にはまって、喜んでられるのは今のうちよ〜。
着物や帯、バックや草履・・・良い物を見ると欲しくなっちゃうのよねぇ。
次第に顔色が青くなるかも。ふふふ

Posted by: としちゃん | 2005.11.08 at 02:01 PM

>コングBA様
トラックバックありがとうございました。
着物についての資料をあらためて読んでみると、昔の人の自然に対する感性と表現の繊細さに感心させられるんですよね。あぁ、こういうのは少なくとも自分たちの世代で終わらせたくないなぁ…と思います。

>Azumi様
不思議なもので、男性は着物を着ている人に優しいんですよね(笑)。お年寄りなど、嬉しそうに声をかけてきたりするんです。逆に、女性はチェックが厳しいように思えます…(笑)。
お能、やっぱり難しくはありますが、ミニマムの世界で観ている側に想像力をかき立たせる余地を広く与えているように感じます。最近は、どこでも薪能は人気ですよね。

>冬薔薇様
着物って着る人を受け入れる余地が広いんですよね。しかも着物を着た人って、仕草も落ち着くんです。

時間の流れが優しくなる、奥さんと歩いていてそう感じました。

#キリ番ゲット ありがとうございます!

>としちゃん様
う!!!鋭い!!
実は、既に奥さんから欲しいもののリクエストがあったんですが、それがものの見事にビンゴ!

あまりの鋭さに私、汗タラタラです…。

Posted by: Solid Inspiration | 2005.11.08 at 08:32 PM

そういえば、もう何年も着てないです。
数はありませんが箪笥で眠りっぱなしの着物、かわいそうなことをしています。
お母様からの着物を素直に喜ばれた奥様
素敵な方ですね!
さあ、ご褒美にプレゼントがんばってくださいね
ご主人!

Posted by: クレオ | 2005.11.08 at 09:16 PM

着物、やっぱりいいですよね。当たり前かも知れませんが、外国で暮らしていると特に日本の伝統文化の良さを再認識する機械に多く恵まれます。Solid師匠の奥さまのスタイルの良さ、美しさを存じ上げている身としましては、お母様から贈られたというお着物がどれほどよくお似合いかが目に浮かぶようです。

ところで、日本の伝統文化、特に「お能」について興味をお持ちの皆さんへ、ぜひオススメしたい漫画がございます。白泉社刊、成田美名子著「花よりも花の如く」という作品がそれです。これは同著者の「NATURAL」という作品の続編に当たるもので、こちらから先にお読みにならないと登場人物の相関関係がわかりづらい部分もあるのですが、現代に生きる能と、それを愛する若者のある意味理想的な姿がとても気持ちよく描かれています。「花よりも花の如く」は現在も連載中で、「NATURAL」は全12巻が発売中です。ぜひ、“大人買い”でどうぞ(笑)。

<追伸>メールもらいっぱなしでホントーにゴメン!!最近めっちゃ忙しくって…。落ち着いたらまた連絡しますね〜。

Posted by: KK@KK | 2005.11.08 at 09:54 PM

>クレオ様
う…、嬉しさとドキドキが両方同居している心境です…(笑)。

でも、楽しそうにしている奥さんの顔にはかなわないですね…。

>KK@KK様
さすが、いろいろことに造詣が深い…(笑)。成田さんってことは「サイファ」の作者さんですよね?クラスの女の子に借りて読んでいましたっけ…。

落ち着いたらまたiChatよろしくです!それでは!

Posted by: Solid Inspiration | 2005.11.09 at 08:41 AM

こちらの記事の内容を受けて、先日鑑賞した能に着物を着て出かけましたところ、お誘いくださったお相手の方がたいそう喜んでくれました。
改めて御礼申し上げますとともに、当方の記事中にSolid Inspirationさんのお名前とリンクをはりましたことをご報告申し上げ、ご了承いただければと存じます。
ありがとうございました。

Posted by: Azumi | 2005.11.25 at 01:57 AM

>Azumi様
ご丁寧にありがとうございます。嬉しいです。

木々の葉の赤って、一番着物に映えるように思えます。Azumi様の着物姿、私はまぶたの裏側で楽しませていただくこととします(笑)。

Posted by: Solid Inspiration | 2005.11.25 at 10:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42074/6949581

Listed below are links to weblogs that reference 受け継ぐということ:

» じいちゃんから孫へ。 [天然果汁100%]
 娘が私の父からこんな物をもらった。   ミニスカポリスのフィギア。 「おい、イチゴちゃんに人形あげ [Read More]

Tracked on 2005.11.08 at 08:08 AM

» 能の鑑賞と着物の効力 [玉響の独話]
度々お邪魔させていただいているSolid Inspirationさんのブログの「受け継ぐということ」というエントリーにて、「不思議なもので、男性は着物を着ている人に優しいんですよね」というコメントからヒントを得まして、先日観に行った「能」には着物を着て行ったんです。 着...... [Read More]

Tracked on 2005.11.25 at 01:51 AM

« '80s マリリンよ安らかに… | Main | Memoirs of a Geisha(邦題;「SAYURI」) »