« 後藤田正晴氏の訃報 | Main | 新聞配信だけに留まらず… »

2005.09.22

この会社はここまで下品なんですかね(苦笑)

 本来は、AppleのSteve JobsがiTuns Music Storeに対する、とあるレコード会社からの値上要求に毅然と「No!」と言った胸のすくような記事だったんです。

「レコード会社は強欲」とスティーブ・ジョブズ氏

 人気のデジタル音楽プレーヤーiPodの仕掛け人、Appleのスティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)は、デジタル楽曲ダウンロードの価格を引き上げようと考えている音楽業界を「強欲」と表し、そのような動きがユーザーを再び海賊行為に走らせるだろうと警鐘を鳴らした。

 全曲一律で99セント(アメリカ)という手ごろな価格設定でスタートしたiTunes Music Store。iTunesというソフトの使いやすさ、値段の手ごろさによって、一躍音楽ダウンロード販売の代名詞的存在となりました。そこには常に「音楽を愛するからこそ」のSteve Jobsの思いが反映されているといっても過言ではないでしょう。また、違法ダウンロードを何とかしたいと願っていたレコード会社にとっても福音となりつつあります。

 開始当初に結ばれたレコード会社との契約がもうすぐ更新される時期なんだそうです。音楽のダウンロード販売の順調な伸びに味を占めたレコード会社の一部に、その価格を早くも値上したいと考えている会社があるんだとか…。

 もちろん、そうではないレコード会社もあります。その代表がUniversal Music。

 Universal Musicで最大のInterscope Record部門のジミー・イオビン会長は先月、オンラインで音楽を購入している消費者の数は、値上げを十分に正当化できるほどではないと語っていた。

 「まだ(値上げの)時期ではないと思う」と同氏はNew York Timesに語った。「もっと多くの人を、オンラインで音楽を買うという習慣に転向させる必要がある。そうするための手段は値上げではないと思う」

 我々ユーザとしては、共感できる認識ですね。

 さて、逆に値上を画策しているのは…

 一方で、Sony BMGのアンドリュー・ラックCEOは先にReutersのイベントで、AppleはiPodと楽曲ダウンロードの売上という2つの収入源から恩恵を受けているが、音楽業界には1つの収入源しかないと指摘した。

 思わず赤字を入れてしまったあたり、お察しください…。そもそも、「iPodを半年・一年で追い抜く!」と宣言したあたりから、ヘンだとは思いましたが、コンテンツ業者としてのエゴが目立つ仕様の製品展開ですっかりソッポを向かれるは、日本のiTunes Music Storeには値段でゴネて参加してこないは、今や「確かな抵抗勢力」と揶揄されてJASR○C並に音楽ファンから忌み嫌われつつあるSONY。

 上記の発言も、なんだか自社のハードを売りたいというエゴが見え隠れして、あきれざるを得ないんですよね。レコード会社だったら、せめて「ミュージシャンにもっと利益を還元したい」くらい言えないんですかね…。
#先日発表のSONY製Walkmanについてはこちらに書いたとおりです

 件のSony BMGのアンドリュー・ラック氏は続けます。

 「まったくもうかっていない。わたしには収入経路が1つある。肛門科医に見せたら分析しにくいであろう経路だ。きれいなものではない」(ラック氏)




………



……………




肛門科医?




itmedia_01
証拠写真



 読み流そうと思えばできないことはありませんが、なんだかヘンな発言です。アメリカにこんな言い回しってあるのかなぁと不思議でした。

 念のため、ロイターの英語原文記事を探してみました。

Apple's Jobs Warns on 'Greedy' Music Pricing

 問題の原文はこちら

"I'm not making any money on this," he said. "I've got one revenue stream that a proctologist would have a hard time analyzing. It's not pretty."

 おいおい…、本当にそう言っているよ…。

 どうやらこれは、分かる方の解説によると「"肛門医(proctologist)"は肛門をみてすぐに診断が済むことから"仕事において見通しのきく人"、この文ではSteve Jobsを指す」ということらしいんです。

Jobsがどうあがいても分析できないような収入源があるから全く困っていないけどなっ!

という強がりが正解だとか。

2005/09/22 昼 追記
 トラックバックをいただいたMyCometG3様の指摘では、後半の意訳は行きすぎなのではとのこと。「たいしたことではないさ」程度という解釈だそうです。

 ところが、別の指摘をされた方もいらして「proctologist は、最近アメリカでは analyst を茶化す言い方として(要は"anal"繋がり)、これが たまに使われることがある。」として、"アナリストには理解不能な(つまりヤツらの常識では分からない「儲からない音楽配信」)収入源しか(ウチらの会社には)ない。芳しくない状況さ(=だから値上させろ)"というほぼ正反対の訳もあります。prettyが正反対の意味をどちらも持っているのと、そもそもproctologistという言葉を使うのとで、頭痛がしそうです…(苦笑)




 …でも、ねぇ…




 「肛門科医」って…(苦笑)。




 ちょっとお下品でございませんこと?




 これじゃぁ、口の悪い人から"ク○ニー"と言われても自業自得だよなぁと一人納得してしまいましたが 何か(笑)?

|

« 後藤田正晴氏の訃報 | Main | 新聞配信だけに留まらず… »

Comments

ソニー「もうだめぽ」
そんな言葉が浮かびました。

ソニーってもともと官僚主義から最も離れたポジションに
あったような気がしますが、いつのまにか官僚主義に
社風が蝕まれてしまいましたね。

今日、ストリンガー・中鉢体制による経営再建策が
発表されるようですが、正直、興味ありません。

Posted by: あらびー | 2005.09.22 02:18 PM

世の中をあっと言わせる製品を送り出してきたS○NYも、本来の「開発者自らが欲しがる」ような製品作りから、作り手の自己満足だけの会社になってしまったような印象を受けますね。
(この場合の会社はちょっと違いますけど^^; 同じグループということで^^;)
自社のブランドというものに対する、自己満足の上に胡座をかいて座っている、そんな風潮が社内にあったのではないか?なんて邪推をしてみたくもなります。(同じような会社をもう一社知っていますが^^;)
11月に発売される新型ウォークマンを見て失望し、iPodnanoを見て、ある意味昔のS○NYっぽいと感じたのは私だけじゃないはず^^;
もはや堕ちるところまで堕ちてしまった感がありますね^^;

Posted by: ★TAK | 2005.09.22 06:21 PM

>あらびー様
通気の営業利益が200億の赤字見通しになりましたね。7月時点から500億の下方修正でしたが、予想できなかったんでしょうか…。
#むしろ驚きませんよね

>★TAK様
こういう会社ではなかったと思いたいですよね…。今日発表の内容も肝心な部分がぼかされているような気がします。

大鉈を振るえる日まで持つのでしょうかね…。

Posted by: Solid Inspiration | 2005.09.22 07:38 PM

コメント無しのトラックバック、失礼しました。
そのうえ、逆にコメントをいただいてしまい恐縮しています。

かつて多くの人が憧れたSONYブランドの自滅ぶりは、本当にどうしたことなんでしょうね。
人員削減とかいっても、企業トップに自社の製品に強いこだわりと愛着を持つような人達が揃わないことにはどうしようもないような気がします。
SONYの一般社員はどう思っているのでしょうね〜。

Posted by: azumino_sky | 2005.09.22 10:15 PM

>azumino_sky様
いえいえとんでもありません。お読みいただけて光栄です。

Appleの成功を喜んではいるものの、SONYのあまりの成れの果てに苛立ちを感じる自分がいます。それはそのまま、日本自体への不安でもあります。

心ある人ならば誰もが同じことを感じているのではないでしょうか。でも、どうにもそれを伝えようとしないマスコミも多くて…。

今日の発表も株式市場がしまった直後の15時から。しかも3連休前。いやらしさが鼻につきますよね…。

Posted by: Solid Inspiration | 2005.09.22 10:55 PM

クソ○ー(あ、伏せ字がずれちゃった(^^;))は2007年までに1万人削減、生産拠点の「集中と、選択」だそうですが、従来型のハードを売ろうと、こんな事を考えてるなら、この構造改革は手をつける前から失策であることは見えている感じがします。
まあ、官僚主義が悪い訳では無いですが、それでイケる会社とダメな会社ってのが有る訳で、ンニーは間違いなく後者。戦い続けないと生き残れない。
私がこの報道から感じた事は、ンニーはかなり末期的であると言う事。他の「もうだめぽ」企業と同じ所まで落ちた。そんな印象です(ーー;)

Posted by: Algernon | 2005.09.23 07:15 AM

Algernon様
今回の発表時における象徴的な写真が話題になっています。

「伝説の逆噴射再び」
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/parts/image_for_link/17035-9234-3-1.html
#左の人ー!!その持ち方はー!!!!

「会長自らやってました」
http://pcweb.mycom.co.jp/photo/news/2005/09/22/024bl.jpg
#うわ!!ちょっと胸張ってる場合じゃないてばっ!

参考
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040701/sony3_02.jpg
#逆噴射古式

Posted by: Solid Inspiration | 2005.09.23 10:02 AM

製品の「上下」すら解ってないと.....orz

Posted by: Algernon | 2005.09.23 01:17 PM

自社の製品の上下すらわかっていないのには正直笑いました。。三枚目のヤツも当時は面白かったですが。またやってしまったのですね、SONYのお偉いさん連中。。
自称SONYフリークですが現在の所有物においては新規にSONY製品を買うことが無くなってしまったです。SONY製品で現在稼働中なのは、デジカメとクリエです。クリエもスマートフォンにその座を奪われるのでしょうか?
SONYの中期経営計画が発表されましたが、復活を期待してもいいのかわかりませんが、ガンバレ!SONY!!と思っています。

Posted by: Red Comet | 2005.09.23 06:54 PM

アメリカのスラングなんて大体そんなものですよ~

Posted by: 774 | 2005.09.24 10:44 AM

>Algernon様
ウラ漢汁のあらびー様に斬っていただきました。ご覧いただけたようで何よりです(笑)。

>Red Comet様
おそらく多くの方が「昔はSONY製品をもっと持っていたのになぁ」と思われているのではと思います。
今回の発表について、株式市場もシビアな反応をしているようですね。

>774様
ありがとうございます。英語の訳って、やっぱり難しい…。でも、何事も勉強ですね。

Posted by: Solid Inspiration | 2005.09.29 11:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この会社はここまで下品なんですかね(苦笑):

» お下品。 [MyCometG3]
英語の勉強。 まずはこちらの記事をご覧ください。  ・Solid Inspiration Blog:この会社はここまで下品なんですかね(苦笑) // Sony BMG CEO Andrew Lackさんの発言なんですけどね。ちょっと下品な表現がありまして。  ・Reuters.uk:Apple's Jobs Warns on 'Greedy' Music Pricing "I'm not making any money on this," he said. "I've got ... [Read More]

Tracked on 2005.09.22 10:37 AM

» SONY・・・ [安曇野の風景と暮らし.ex]
「iPodの開発物語」で最近のSONYの迷走ぶりについて若干書きましたが、Solid Inspirationさんのブログ「Solid Inspiration Blog」で、「この会社はここまで下品なんですかね(苦笑)」という文章がUPされています。 現在、SONYがどうして音楽ファンから嫌われているかなどについても触れられていますので、ぜひご一読を。 文中のリンク先も充実した内容です。... [Read More]

Tracked on 2005.09.22 01:39 PM

» 失ってはいけないもの [tao]
アップルコンピュータ(株)代表取締役兼CEOの前刀禎明氏のJ-WAVEでのインタ [Read More]

Tracked on 2005.09.22 03:54 PM

« 後藤田正晴氏の訃報 | Main | 新聞配信だけに留まらず… »