« シンセサイザーの"父"逝く… | Main | ジョブズのスピーチムービー »

2005.08.28

Macの動画配信の悲哀


 久しぶりの更新となります。仕事が忙しく、昨日も一日中出勤していたため、疲れもピーク。腰が痛い…(苦笑)。


 先日は会社のネットワーク構築を一部手伝ったのですが、今回、外部へのインターネットを光ファイバー化したんです。

#今時遅い気もしますが、幸いこれまでADSLでも十分に速度が出ていたので…


 上りや下りの速度が、満足できる環境になっていたので、その際、"テスト"と称して、動画のストリーミングも試してみました。


 同僚たちの自宅にもインターネットのブロードバンド環境はありますが、意外とこういう世界を知らないのですね。iPodユーザは半数を超えるほどまで普及しましたが、iTunesでラジオを常用している人もほんの一握り。おそらくPodcastに至ってはまだ知らないのではないでしょうか(苦笑)。


 動画の配信と言えば、やはり有線ブロードネットワークスの"Gyao"。Macでは現在観られないので、サイトにアクセスすることもなくなっていたのですが、番組がどんどん充実していっていますね。コンテンツの確保にはいろいろ苦労もあろうかと思いますが、このビジネスモデルならば受け入れられるだろうなぁと感じています。無料で視聴できるのであれば、CMが間に挟まれてもさして苦になりません。スポンサーにとっても、CMをスキップされずに必ず観てもらえるのであれば安心でしょう。


 そこで、ふと先ほど自宅のMacからサイトにアクセスしてみるととんでもないことに!!







Gyao Mac

真ん中で泣いているのは!?(Safariではうまく表示されません)





うわーん(泣)!!
Gyaoに泣かされたよー!!!





 Gyaoのばかぁ!Sad Macで弾かれたら、何も言えないじゃないかーっ!


 どうやら、GyaoはMacユーザにサービス提供はしないようですね…(号泣)。以前は観られたニュースの動画(こちらは著作権保護がかかっていないので観られていました)も視聴できません。Java Scriptから何から何までコテコテのWindows IE仕様です…(苦笑)。


 こういった例に限らず、Macユーザは動画配信から蚊帳の外になっています。


 Macユーザはこういったものに強い関心を示して、積極的に利用する傾向にあるという話を聞いたことがありますが気のせいでしょうか…。なんとなく、パソコンに限らず、手に入れたモノやサービスで"自分の枠を拡げる"という好奇心の強い人が多いような…。


 日本における動画配信サービスは、Windows Media Player形式が事実上のデファクトスタンダードになっています。動画のCodecだけとれば、MicrosoftからMac用の再生ソフトは出ているので問題はないはずなのですが、哀しいかなMac用のWindows Media Playerは著作権保護が組み込まれた動画ファイルの再生にちゃんと対応していません。Microsoftは認識すれども対応は放置プレイの真っ最中…。


 QuickTime7によって、H.264という次世代の動画形式への道は開かれましたが、ことインターネットによる動画配信となると、採用される動きは厳しいようです。H.264形式を採用しようというところでも、独自の著作権保護技術をかぶせた上での配信となっており、Macは考慮の対象外となっています。

参考:

SANSTREAM

※ポッキーのCM配信で使われています


eonet.jp

※ハイビジョンのストリーミング配信でH.264プラグインを使用


 H.264形式によるHD映像の美しさは、ホントに特筆ものなんです。昨晩、AppleのアメリカのQuickTime HD Galleryを久しぶりに見たところ、新しい動画が追加されていました。


BBC Motion Gallery: Africa


Bbc Hd

この鳥 かわいい!





 上記の映像、ホントに美しいですよ!! 奥さんと観てみましたが、二人とも思わず歓声を上げてしまいました!!大画面で見られる方は、特に圧倒されることでしょう。BBCの動画クオリティの高さは定評がありましたが、本当に感動ものです。

#奥さんが"プロジェクターで映して!"とせがむほど(笑)


 H.264の動画は720p(1266×720)でも私のPowerBookG4 12inch(1.5GHz)でも十分に観られました。


 なお、BBC Motion GalleryのOfficial Siteによると、QuickTime7での動画を積極的に配信予定とのことですので、期待しています。


 現在のところ、Macユーザでも楽しめるところはこのくらいですが、今後の発展を祈りたいところですね。

|

« シンセサイザーの"父"逝く… | Main | ジョブズのスピーチムービー »

Comments

世間の流れが窓機になってますからねぇ。
業界の人と一部の人以外はパソコン=窓機という図式が成り立っていますし、学校で教材に使われている、というのが大きなポイントになっているのでしょうね、、、orz
極普通の人がパソコンでやることって、別に窓機じゃなければ出来ないってことは、あまり無いんですけどねぇ、哀しい限りです;;

Posted by: ★TAK | 2005.08.30 03:32 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Macの動画配信の悲哀:

« シンセサイザーの"父"逝く… | Main | ジョブズのスピーチムービー »