« June 2005 | Main | August 2005 »

2005.07.31

地震に怯える日々

 敢えて言うまでもないでしょうけれども、やっぱりこのところ震度4クラスの地震が関東周辺で多いですよね。今日も山梨を中心にあったようです。

 あらためて考えると、電車(地下鉄)に乗っている時が、私としては一番心配な気がします。脱線がないなんて言いきれませんしね。そうなったら、あれだけの満員ですから、無事ではすまないなぁ…。

 出張で遠方に行っている時も心配。奥さんとの連絡もつきにくいでしょうし…。

 でも、考えてみると郊外から都心に出勤している人はもっと大変ですよね。いざとなった時に歩いて自宅に戻ることは至難の業です。

 ふー、とりあえず災害用の備蓄品を買っておくことにします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.30

実は私もスイカが苦手…

 玉響の独話 様の"たかがスイカ、されどスイカ・・・はぁ(滅"にトラックバック!!

 実は、私も





スイカが


苦手なんですぅ〜(絶叫)!!!






 あぁ…、この季節の日本では白眼視されてしまうようなこんな告白ができるなんて…(感涙)
※Azumi様は偉大なフロンティアです

 夏場の定番として象徴的に描かれているスイカですが、子供の頃からあまり好きではないんですよ…。

 私の育った実家はとあるスイカの名産地に近いためスイカ自体は身近だったんですが、どうも私には味よりも"とある行為"が苦手でダメ…。

 実は私、

タネを口から出すという食べ方がNG



 あ〜、そこそこ。引かない引かない(苦笑)。

 えぇ、分かってます。私は普通のサラリーマン家庭の育ち。間違っても、お坊ちゃんではありません。一市民です。そんなことが言えた身分ではないんです。
#潔癖性でもないです

 でも、本当にダメなんです! ブドウや巨峰もアウト。メロンだってタネが一粒も付いていない状態になってからでないと食べません。あ、柿もそうですね。柿は味も嫌いですが…。

 もうついでに言ってしまいますが、果物を丸ごと手づかみで食べるのもダメです。それができるのはミカンくらいでしょうか。どんなに美味しくても、ちゃんとカットしてあってフォークにさして食べられないと嫌なんです。えぇ、そうですよ、私は果物の食べ方に関してだけは、ブルジョアですよ(←逆ギレ)。

 手間のかかる男ですよね…。そりゃぁ、普段家で果物が出ないわけだ…。

_| ̄|○

 不思議なのは、タネなしのスイカがずいぶん昔から存在しているにもかかわらず、それがいっこうにデファクトスタンダードにならないこと。スイカ好きの人に訊くと、みんな「タネのないスイカなんて味気ないねぇ」とのたまうんですよ。

 そんな人たちが、私とスイカを食べると間違いなくイライラすることうけあい。黒いタネを必死に取り除き、それが取れた部分をスプーンで少しずつすくっては口元に運ぶ。当然、なかなか食べ終わらない。

 昔、ドリフのコントで志村けんさんがスイカを一瞬で食べる技を披露されていたじゃないですか。私には異世界の出来事でしたが、まさか奥さ(以下伏せ字)…。

 ふぅ…。夏って大変。

余談
 私の母は私がおなかにいる時、とにかくスイカが食べたくてたまらず、それこそ信じられないくらい食べたそうです。
 悪い方の胎教になったんでしょうね(号泣)。

 夢占いでは「スイカを食べる夢は優しい子供が生まれる」らしいです

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2005.07.29

老いを晒し者

 以前取り上げたiPodへの課金問題を審議していた「文化審議会著作権分科会の法制問題小委員会」は中間報告がまとまらず継続審議となったそうです。

iPod課金は継続審議 文化審、中間報告作成を断念(asahi.com)

 iPodなどの携帯デジタル音楽プレーヤーを私的録音録画補償金の対象に加えるかどうかを議論している文化審議会著作権分科会の法制問題小委員会は28日の会合で、来月末までにまとめる予定だった中間報告の作成を断念し、継続して審議することを決めた。1台500円程度の課金が想定されていたが、制度自体の問題点が指摘され、賛否が分かれたため。9月上旬までに、審議経過を集約して結論を明記しない報告書を作り、これをもとに国民から意見を募集する。


 賛否が分かれたというよりこの制度そのものの裏側にある小汚い利権がズバズバと突かれたことに困り、とりあえず負けないうちにいったん逃げたように見えるのは気のせいでしょうか(苦笑)。

 ちなみに、記事の後半にはこうあります。

 一方、日本音楽著作権協会や日本レコード協会など音楽関連の7団体は会合後に合同で会見し、携帯プレーヤーへの課金を速やかに決めるよう訴えた。「携帯プレーヤーは数万曲も録音でき、権利者が失っている利益は計り知れない」「著作権について定めたベルヌ条約に違反する」などと課金の必要性を強調した。

 この会見の内容については「速やかに「iPod課金」を——音楽関係7団体が強く要望(IT Media)」に詳しいようです。

 反対論者から指摘される「DRMがあれば補償金は不要」「補償金制度は二重取りだ」「補償金の分配が不透明だ」という意見については、「DRMと補償金制度は共存すべき」「音楽配信やレンタルに関する権利者許諾範囲と、私的録音の範囲は重複するものではない」「平成15年を例にあげれば7343人の実演家に平均5万5693円が分配されており、決して少ない額ではない」と反論、政令指定の必要性を重ねて訴えた。

 …いろいろ考えたんでしょうね(苦笑)。でも、どうみても苦しい言い訳にしか思えないんですよ。特に、「DRMと補償金制度は共存すべき」に至ってはそもそもの前提がなくなっているだろ!と突っ込みたい、いやホントに…。

 しかし、なんで著作権を訴える音楽関連の団体が7団体もあるんだろう。"お年を召した"方が言う"創作"という言葉に思いっきり疑問符です。この方々って、いったいどんな方なのでしょうね? 一番肝心なミュージシャン本人たちが誰か同席してそう訴えますかね?

 なんだか、少しずつではありますが彼らの思い通りにならないようになってきつつある流れを感じます。希望的観測ですが。

 しかし、「法的にどう対応するかはまだ議論が必要である考えている。しかし、現行法で指定できると考えている」(音楽製作者連盟 上野博 常務理事)と政令指定への自信を示しており、指定を目指す時期についても「できるだけ速やかに対象に含めるて欲しい。現在決まっていないのが遅すぎるぐらい」としている。

 絶対に彼らには負けたくないですね。

(2005/07/22朝 追記)
 文部科学省のサイトで前回の文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第5回)議事録 が読めます。かなり長いですが、委員の指摘・それに対する回答などが分かります。それにしてもとにかくiPodという固有名詞が踊っています(笑)。

| | Comments (3) | TrackBack (3)

2005.07.28

腹の痛み

 なんだか腹痛が治らず、体力もない今日この頃。

 こういう時はやはり笑いにすがるしかないと(勝手に)思ったわけです。

 拝見させていただきました。大変に有名なサイト。

∧ ∧
(,,゚Д゚)<世界ふしぎ発見

14 渡る世間は名無しばかり New! 2005/04/23(土) 21:11:50 ID:mKznPxf6

番組開始直後、エジプトの遺跡から発掘されたミイラがその後、
回答者に加わった。それが今の黒柳。懐かしいなあ。







 …徹子さんには悪いけど




死ぬほど笑いました





 というわけで、腹痛はさらにひどくなったとさ…(号泣)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.27

一つ未来の"Spotlight"になるのか

 新しいiBookMac miniが発表されたニュースを軽くスルーしつつ(笑)
#マイナーアップデートですしね

 INTERNET Watchの記事から気になるものを発見。

NTTデータ、日本語テキストの意味を分析するソフト「なずき」発売

 NTTデータは26日、日本語テキストの意味を分析し、情報を抽出する製品「なずき」の発売を開始した。企業を対象として、アンケートで寄せられた大量の文章などを分類する用途などを想定した製品で、価格は数百万円程度からの個別見積もりとなっている。対応OSはWindows XP/2000、Linuxなど。

 なずきは、日本語のテキストを意味のレベルで分析し、文章の分類や要約を行なうソフトウェア。製品は、アンケートの文面などから内容を「意見」「不快」「願望」といった項目に分類して集計を行なう「マーケティング・プロダクト」、掲示板の書き込みや社外文書などに対して不適切な単語・表現が使われていないかをチェックする「不適切文書判定プロダクト」、メールの内容を自動的に要約する「メール要約プロダクト」など、15商品から構成される。

 Macに対応しているわけではないのですが、現行のMacOSX最新版である10.4(Tiger)ではメタデータ検索機能である"Spotlight"を標準搭載していることもあり、目に留まりました。

 Spotlightに限らず、現行のパソコンの検索機能では、指定した"語句"そのものが検索対象なのですが、この記事にあるソフトウェアになると、文章そのものの意味やニュアンスでも拾えることになります。

 自分のローカルにあるファイルでこういった検索を行うとなると、メールの文章以外ではあまりこういった"感情"で検索する必要性って今のところ思いつきませんが、こういう検索結果を返してくるとしたら、なんとなくMacの方が相性がよさそうなんですよね(笑)。たとえば、特定の相手からのメールによる愛情表現の推移とかを時系列で表示してくれるソフトができたりして。あるリミットを切ると「相手の心が離れつつあるようです」といった警告が出てきたりとか…(涙)。

 Googleがこの機能を積んできたら凄いことになりそうですね。"呪い"とかで検索された結果が怖いですが(笑)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.07.26

台風接近中

 自身の話題も覚めやらぬ中、今度は季節はずれの台風が接近中。今夜には関東に上陸して、歩行者天国で踊りだすとかしないとか、…って竹の子族かい(苦笑)。

 そんな私は少々、メルトダウンモード…。いくら寝ても寝足りない、そんな気分です。

 ココログの更新も面白いネタが枯渇中です。申し訳ありません。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

2005.07.25

さて出張

 この記事をアップして、翌朝起きた月曜日はまた出張です。これでしばらくは落ち着くはずではあるんですが…。

 先日の地震があったので、少々心配です。遠方なので止まってしまうとにっちもさっちもいかなくなるんですよね…。今日も余震がありました。揺れに対して、少々神経質になっています。

 奥さんとは、念のため地震の時の集合場所を確認。奥さんと離れている時に地震に遭うと、その分心配になってしまいます。いざという時は携帯がつながりにくくなりますからね。携帯メールの方がまだいいとは聞きますが…。

 とりあえず、行ってきます。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.07.24

昨日の地震

 東京は昨日、長い一日となりました。

東京・足立区で震度5強、関東4都県で22人けが(読売新聞)

 23日午後4時35分ごろ、千葉県北西部を震源とする強い地震があり、東京都足立区で震度5強、東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県の一部で震度5弱を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約73キロ、マグニチュード(M)は6・0と推定される。島しょ部を除く東京で震度5以上を記録したのは、1992年2月2日未明に東京湾を震源とするM5・7の地震が起きた際、大手町で震度5を観測して以来、約13年ぶり。

 この地震で、4都県で計22人がけがを負い、エレベーターの停止による閉じ込め事故も相次いだ。また、JR京葉線とJR総武線が4時間以上も運転を見合わせたほか、山手・京浜東北などの主要路線や東京メトロの一部路線も3〜4時間にわたって止まるなど、首都圏の交通機関のダイヤは大きく乱れた。

 私は自宅でこの地震に遭遇。発表されている震度だと4ということになるはずですが、揺れ具合はシャレにならず。縦揺れが来た時点で、"やばい、ついに来たか!"と全身総毛立ったんですが、その後に来た横揺れで




思わず机の下に隠れました…


大の大人が…(涙)




 この横揺れがもっと拡大していったらまずいなぁ、と頭で考えていたんですが、幸い揺れはそれ以上になりそうではなかったので、揺れている中、食器や倒れそうなものを確認。ペットボトルの飲料が一本ハデな勢いで落ちましたが、幸い他は無事でした。

 揺れが落ち着きだしたところで、会社の携帯と自分のPHSを2台取り出し実家と外出中の奥さんに"同時に"電話。母親は、高いお皿が入っている食器棚を思わず押さえていたとか(苦笑)。奥さんは喫茶店で遭遇したようですが、なんとか無事。でも、あまりの怖さに泣きそうになったとか…。

 JRと地下鉄が長いこと止まっていたようですね。これで出張に出かけていたらとんでもない目に遭っているところでした。何しろ、私が今、連日行っている客先への路線は各線とも全ての区間で止まっていましたから…。

 地震がくることは覚悟していても、いざくるとホントに無力なもの。

 まだまだ備えが甘いことを痛感させられた地震でした。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

2005.07.23

iTMSが映し出すかもしれないもう一つの"真実"

 探偵ファイルさんの「探偵魂」に一つ興味深い記事が載った。

アムロのアルバムにデキレース疑惑!?

 オリコンのチャート順位については、以前から疑念をお持ちになっていらしたようなのだが、奇しくも"面白い"タイミングで首を傾げたくなるような出来事が起こったことになる。

 ランキングについての記者の問い合わせについてオリコン側はこう答えているそうだ。

「当社のランキングは、協力していただいているCD・レコードショップ各店の販売枚数をもとに


独自の計算方法で



算出して出しています」

 誰もがその"独自の計算方法"とやらに内心ツッコミを入れたくなるのではないだろうか(苦笑)。

 さて、林檎の歌 様のエントリー"iTMSが8月には始まらない?"より衆議院の川内博史議員が元レコード協会会長である依田氏と会食した話を知った。

 この依田氏、エイベックスの前社長で昨年の人事騒動で現社長の松浦氏と対立し、エイベックスの社長の座と日本レコード協会会長の座を失った(主観的な表現だが)方

 依田氏は音楽のネット配信に対して否定的だったところはあまりかわりがないようで

さらに、アップルが日本で音楽配信に乗り出したがっている件に関しては、現在のアップルが言っている条件では、とても8月までには話がまとまらないのではないか、との見通しを示されました。

 とのこと(苦笑)。

 様々に議論を重ねて、川内議員自身が感じられたことは、いみじくも我々ユーザの思いを代弁している。

依田さん!!ぼく達はクリエーター、アーティスト、そしてユーザーの為に依田さん達には負けませんよ!!

なぜなら、依田さんの口から、コンテンツホルダーとか、権利者という言葉は再三出て来ましたが、クリエーター、あるいはアーティストと言う言葉は出てこなかったからです。

 "コンテンツホルダー"、"権利者"とやらにとって音楽のネット配信を嫌がる理由はいったいなんなのだろうか。これまでは、いわゆる"既得権益"と呼ばれている部分かと思っていたのだが、実はもっと根が深く

自分たちがユーザに対して覆い隠してきた
欺瞞が明るみに出ることを
恐れているのではないのだろうか

 談合事件の報道を見るにつけ、不思議な既視感(デジャヴ)を感じていたのは私だけではないだろう。

 運命のいたずらか、依田氏と袂を分かち松浦新体制となったエイベックスは、依田氏が会食でiTMSを一笑に付したのその日、iTMSへ曲を提供することを表明した。

 "闘う"人もいるのだ。そう、信じたい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.22

勇者

 暑い日には勢いで言えてしまうカミングアウトがあります。

 …

 ……

 …すいません…




小学校の頃
地図帳に載っていた


エロマンガ島


で盛り上がったことがあります





 いやぁ、まさか地図帳にこんな言葉が載っていたとは…(笑)。
#思い当たるフシがある人は絶対にいるハズ

 Google Earthを息抜き代わりに眺めていたらふと、地球儀や地図を楽しんでいた昔を思い出してしまったんですよね。そこでふと、エロマンガ島を検索してみたんですよ。

 そうしたらなんと、驚愕のサイトが!!!!!



世界の「珍名」所大集合



 なんとこの方、地図帳に載っている世界中の"珍名"を実際に旅しておられるという猛者。そこに挙げられている珍名所の名前の数々とその隣に燦然と輝く「制覇」というロゴ。

 さすがに珍名所だけあって、そこに踊る文字は地名でなければ間違いなく伏せ字の嵐。よくぞそこまで地図と向き合ったと、しかもこの言葉に胸を躍らせたと。

 しかし、




敢えて呼ばせてください



漢だと!




 あぁ、地図帳に乾杯…

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.07.21

風太く…ん…?

 出張続きで連日忙しいです。社内にいるのも久しぶり。

 今、仕事の関係で利用している路線の途中には千葉市動物公園があるんです。そう、あの立ち上がるレッサーパンダ「風太くん」で一躍有名になったト・コ・ロ。

 沿線の駅には、このチャンスを逃すなとばかりに風太くんのポスターが貼ってあるんですが…。




…お客さん来てますか?





 朝9時半ごろと夕方18時過ぎに千葉市動物公園前を通るんですが、どちらも開園直後と閉園後とはいえ、人が多く来ている雰囲気がないんです…。
#開園直後なのに、人影が見えない…

 いや、あまり人が押し寄せても動物がかわいそうですからいいのですが、あまりの静かさぶりにちょっと心配になりまして…。

 …エリマキトカゲブームってあったなぁ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.20

"販促"という名の反則

 先日の連休初日の土曜日。朝、ゆっくり起きた私たちが、食事に出かけようとドアを閉めたとき、ドアポストに大きなものがささっていました。

 それはA新聞。よくみると、販促活動の一環として二日続けて無料で朝刊を投函すると書いてあります。

 以前にも書いたことがありますが、我が家では新聞を取っていません。取ってみたことはあるんですが、共働きでは古新聞の処分もままならず…。今では二人とも会社にある新聞で済ませています。でも、メインはあくまでインターネット。気になった記事は、会社からお互いにメールでその記事のリンクを送り合っています。

 新聞を否定しているわけではないんです。ただ私たちの場合、欲しいのは情報であって紙ではないんですよ。速報性や検索の容易さ、また各紙を比較しながら目を通すことのできるインターネットが私たちの目的に合致している、それが二人の結論なんです。

 さて。

 実は、今回のこのA新聞の販売所の販促活動は思わぬ迷惑を生んでくれたんです。

 このマンションの住人ほとんどが、なんとこの3連休は家を空けていることが発覚。各戸のドアポストに新聞が突き刺さったままだったためです。はからずも、"この家は今いません"ということを喧伝してしまったんですね。

 「これは不用心だなぁ」と思っていたら、やっぱり珍客が…。

 我が家に突然現れたのは、とある大手の賃貸仲介業者(あの目立つ色のブレザーのところ)。曰く、「こちらのマンションに人がいらっしゃらないようなので、ぜひ当社で紹介させてほしい。ついては大家さんの連絡先をお教え願えないだろうか」と、そりゃぁもう目を輝かせながら…(苦笑)。

 「個人情報保護法ってご存知ですか?」と静かに返してやり過ごしましたが、やっぱりちょっと意識して歩いていれば目立つんだよなぁと、不安に思いました。ピッキングなどが多い地域ですしね。

 私は今までこういった販促にあったことはないのですが、よくあるものなんでしょうか。

 もう少し、考えてほしかったですね…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.07.19

暑すぎ…

 関東も梅雨明し、本日は大変に暑い一日でした。

 社会人になっても、この時期はやっぱり体が夏休みモード。通勤電車に乗るのがハッキリ言って苦痛ですよね…。

 今月は出張が多くて、頭が痛いです…。もっと家でのんびりしていたいなぁ(涙)
#あ、遠くで雷の音が聞こえる…

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.18

ビデオテープの整理

 休日をゆっくりと楽しんでいます。

 さて、実は昨日は押し入れにしまっておいたとある荷物と格闘していました。ふと、懐かしいものをネットで見かけ、「そういえば、そのテープならば大事に取っておいたはず」と思い出したんです。

 きっかけになったのはこの動画。

仮面ノリダー OP
※読み込みに少々時間がかかるかもしれません

 当時、高校生だったなぁ…。あの頃は、お小遣いをためて買ったカシオの小型液晶テレビ(3万円弱でした)で自分の部屋で毎週楽しみに観ていたものでした(笑)。

 先日からフジテレビで放送が始まったというドラマ版の「電車男」の主人公役が、当時出ていたチビノリダー(伊藤淳史)だったんですね。最近になるまで知りませんでした。たまたま、上記サイト(以前このサイトでも取り上げたことがあります)のナツカシ動画をつらつらと眺めていてこれに出会い、ビデオを探すことにしたというわけです。



okagedesu_01
仮面ノリダー最終回(1990/04/05)より
"のりだー ボクもいくぅ!"



 引っ越しを重ねても、捨てずに取っておいたそのビデオは「とんねるずのみなさんのおかげです 10years history」全3回。これは、約10年続いた「とんねるずのみなさんのおかげです」が終了した時の特別番組で3週にわたって放映されました。放送は1997/03/13・20・27。
#フジテレビがお台場へ移転したのもちょうどこの頃でした

 特に、過去の名場面を多く放送した1回目と2回目の放送は、今見るとかなり貴重ですねぇ…。"弟は熱心に見ていたけど、私はあまり記憶にないナァ"という奥さんが、見始めてからいまだに画面から離れません(笑)。二人で何度も出てくる言葉なんですが、「バブル期とはいえ、コントにお金がかけてあるなぁ」ということ。マイケルジャクソンやM.C.ハマー(懐かしい!)のミュージッククリップを一生懸命ダンスを覚えて(コントも交えながら)再現したり、仮面ノリダーのロケを行ったり…。




okagedesu_02
マイケルジャクソンはノリさん






okagedesu_03
M.C.ハマーとM.C."タカー"




 出ている女性ゲストも今でも活躍している人ばかり。しかも、みんな初々しいながらもオーラがちゃんとあるんですよ。コントに出ていたデビュー当時の16歳の宮沢りえ、14歳の観月ありさ…、思わず二人で「可愛いねぇ」と声を上げてしまいました(笑)。




okagedesu_04
初登場。当時16歳だとか(1988/10/27)






okagedesu_05
これも初登場。当時14歳だそうです(1991/03/14)



 やれやれ、ちょっと夜更かしがすぎたなぁ…。

私信
 マレーシアのKちゃんへ
 これが大好きだったよね(笑)!今度、ぜひ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.17

ちょっと贅沢

 偶然だったんだろうとは思うんです。

 買い物に行きたいという奥さんと銀座に出かけ、ついでに昼食もそこで食べることにしました。行きたかったお店が満席だったので、とあるしゃぶしゃぶの店に入ったのですが、通常の席が空いていない。

 …騒がしい席についつい顔が曇りがちになる奥さん。別のお店にしようかと目で会話をしていたその時…。

 お店の方がこちらへどうぞと案内してくれたのがなんと奥の個室の座敷!!

 うー、おかげさまで、ゆっくりと食事をいただくことができました。お店の人、ありがとう…(感涙)。

 食べ終わった後にふと我にかえったんですよ。そのお座敷は床の間をのぞいて6畳。銀座で二人で6畳って、恐れ多いんじゃないのか…。この土地代だけでいくらなんだろう…。

 …考えるのはよそう…(涙)。小市民ですもの。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.16

itunes.jpはNTTコミュニケーションズ?

 気になったので、珍しく本日2度目の更新。

 昨日のエントリーで取り上げた、アイチューンズ株式会社。もちろん、実際のドメインがどうなるかは分かりませんが、現在のところ気になる登録が。

http://itunes.jp

 上記アドレスにアクセスすると、どうやらドメイン自体は存在していそうです。あぁ、これで取ったのかぁと思って登録情報を確認したところ



itunes_jp
NTTコミュニケーションズが?





 いろいろ妄想が広がりそうですが(笑)。

#2005/07/16 21:00追記
 上記はおそらくアイチューンズ株式会社とは関係ないとは思います。レンタルサーバですよね。
 よく取った強者がいるなぁとは思いますが…。
 #組み合わせもちょっとね(笑)

 ちなみにAppleはitunes.comドメインを保有しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

iTunes Music Store Japanの胎動

 やはり、これについて書かずにはいられない!

 ウラ漢汁様の「エイベックス、アップルに楽曲提供へ。」にリスペクト・トラックバック!
#その深い洞察にはいつも頭が下がります

 新聞紙面やインターネットでも大きく取り上げられました。これまで何度となく、「日本でも開始」という報道が流れたことはありましたが、レコード会社からの正式発表は初めてとなります。ここは、開始時期に関する報道がことごとく外れてきて「飛ばし記事」と揶揄された日経新聞の記事より引用しましょうか(苦笑)。

エイベックス、アップルの国内ネット配信に楽曲提供(日経新聞)

 エイベックス・グループ・ホールディングスは14日、米アップルコンピュータが8月に国内で開始する予定のインターネットによる有料音楽配信サービスに楽曲を提供することで最終合意に達したと発表した。国内主要レコード会社でアップルへの楽曲提供で合意したのは初めて。世界最大手の音楽配信サービスが国内でスタートする環境が一段と整い、追随する動きも広がりそうだ。

 エイベックスはアップルの音楽配信サービス「iチューンズ・ミュージックストア」(iTMS)のサービス開始当初から楽曲を提供する。消費者への販売価格は150—200円程度になるとみられる。グループ所属歌手のシングルやアルバムの楽曲のほか、iTMS限定の楽曲の提供も予定している。

 エイベックスは自社運営の「@MUSIC」などの音楽配信サービスを通じて、これまで約3500曲を1曲210円で提供してきた。iTMSにも、これを上回る規模で楽曲を提供するとみられる。

 iTMSにはコロムビアミュージックエンタテインメントなども楽曲を提供する見通し。

 昨年、エイベックスにおいて日本レコード協会会長であった当時の社長依田氏(音楽ネット配信慎重(否定)派)が、ネット配信に積極的な松浦氏(現社長)に変わったことは、いつの日か語られる大きなターニングポイントになるのかもしれません。
参考:企業としては当たり前の…(2004/09/17)

 CD自体の売り上げが縮小傾向にある中、ネットによる音楽配信は順調に拡大しており、デファクトスタンダードとなったiTunes Music Store(以下iTMS)においては、もうすぐ全世界で5億曲のダウンロードがなされようとしています。

 CDという媒体がすぐになくなるとは思いませんが、手軽に気に入った曲を買うことができるというシステムや、コンピュータで音楽を管理し聴くというスタイルが出来上がりつつある現在、音楽のダウンロード販売移行は既定路線でしょう。

 開始するにあたり注目していかなければならないのが、まず価格。アメリカでは0.99$という価格設定も成功の大きな要因でした。一度データを作成してサーバに置いてしまえば、レコード会社側の負担がかからない楽曲販売の単価という観点から考えると、210円(エイベックスの自社配信サイトにおける価格)ではユーザの納得が得られないでしょう。100円は無理でも120円、最低限譲歩しても150円かな。ここでの舵取りを間違えると、大きな禍根を残すことになります。
#AppleはiPodの利益を活かしてiTMSの曲単価を安くできることがポイント

 そして、配信する曲の品揃え。私が思うに、かなり古い世代の曲も用意することが重要です。CDショップでは廃盤となってしまって手に入らない過去の名曲が、常に入手できるということはダウンロード販売の大きな強みとなります。また、こういった曲こそ売れてほしいですしね。
#苦しくなるとベスト盤でセコく稼ぐというレコード会社の姿勢も正しましょう(笑)

 今回の突然の発表には様々な疑問もあります。特に、なぜわざわざ、アイチューンズ(株)という別会社をApple本社直轄という形で日本にだけ用意したのか

 悪い予想をすれば、開始にあたりユーザが望んでいたサービスと落差があった場合の緩衝剤的存在(悲観的?)。肯定的にとらえれば、アメリカのApple本社直轄とすることで、日本の守旧派に対する強気な態度を示すため。もしくは、音楽専用のAppleストア展開の布石。つまり、クレジットカードでしか買えないiTMSをもっと若年層に広げるために、iPodとセットでプリペイドカードや店頭ダウンロードなどの新しい販促を考えているとか…。渋谷にできるAppleストアだと、こういう雰囲気の方が似合っているように思えるんですが。

 間違いなく、今回の発表は日本における音楽ダウンロード販売の夜明けを示すものです。同時に、過去のしがらみや既得権益をどれだけ断ち切った革命ができるかという闘いの序章でもあります。

 ユーザは大きく声を上げていってほしいですね。

| | Comments (6) | TrackBack (5)

2005.07.15

Google Maps日本版!!

 Google EarthのMac版は残念ながらまだなのですが、プラットフォームにとらわれずに楽しめるGoogle Mapsの日本語版が来ました!

Google Maps

 日本語で地名を入力するとその地図が表示されます。通常の住所入力でも可能。




google_maps01
"東京駅"と入力した例





 これだけならば、既にある地図検索サイトと大して変わりませんが(実は画面ドラッグスクロールできるので便利)、ポイントはこのまま衛星写真も見られてしまうこと。




google_maps02
"サテライト"ボタンを押すとこの通り!





 残念ながら、詳細な衛星写真がない地域では広域表示にしないと衛星写真は見られませんが、それでも楽しいんですよ。

 また、画面上部の「ローカル検索」。これがまた可能性を感じさせます。




google_maps03
"ラーメン"と入力して検索結果を表示
右側には店名と電話番号が




 ここで、Mac OSX 10.4(Tiger)の方にぜひダウンロードしていただきたいのが下記のWidget

Google Maps Widget

 英語版のWidgetですが、今回Google Mapsが日本地図に対応したことで、日本語で入力するとちゃんと地図が表示されます。ただ、衛星写真は地図のものと若干ずれてしまっているようですが…。




google_maps04





 Widgetでサッと観られるのはやっぱり便利。いっそのこと、OSX標準のアドレスブックの地図もOS標準でGoogle Mapsにしてくれれば、と思います。ちなみに、それを実現してくれるプラグインが既にあります。

Google Maps Plugin
※残念ながら日本語ではうまくいきませんね Ver1.2ならば住所の書き方によってはOKでした

 それにしても、Googleから引き出せる情報は無限に広がっていく気がしますね…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.14

遅れてきた"ホンモノ"のMacOSX 10.4(Tiger)

 各所Mac系ソフトで既報の通り、MacOSX 10.4(Tiger)のアップデータが本日ダウンロード可能となりました。

 年頭時点、Mac系噂サイトでは"進捗度合いからするとリリースは6月頃になるだろう"と言われていたものでした。その予想を大きく裏切る形で、MacOSX 10.4(Tiger)がリリースされたのは4/29。約2ヶ月も前倒しのリリースとなったのです。

 リリースされたMacOSX 10.4(Tiger)は、ほぼ完成系に近かったとはいえ、Mac系噂サイトで事前に言われていた通り、いくつかのバグを抱えたままでのリリースとなってしまいました。

 なぜ、こんなに前倒しをする必要があったのかというのは、6月に行なわれた開発者向けのカンファレンスでこんな歴史的発表を行なうためだったのでしょうね(苦笑)。

 今回のアップデータである10.4.2は結構バグフィックスに時間をかけていたようです。6月下旬には出ると言われていたにもかかわらず今日まで延びたのは、慎重を期したのでしょう。

 残念ながら、問題の有る無しについては現時点では使う方々の報告を待つしかありませんので、慎重を期したい方は、もうしばらくお待ちいただいた方がいいと思われます。

 さて…、

 今回、残念ながら直っていなかったバグ。日本語環境でしか出ないからなのかなぁ…。カッコ悪いから早く直してほしいんですけれども。

 Finderでコマンド+Fを押すと現れる検索ウィンドウ。

 実は、英語環境ではできるのに日本語環境ではできないことがあるんです。それは…

名前の検索条件指定

cmd_f01
これが英語環境
名前に"〜を含む"などという条件指定が可能



cmd_f02
これが日本語環境
名前に"〜を含む"などという条件指定がホントは
できるはずなのだが、妙なところをクリックしないと
できない(苦笑)





 …直してね(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.07.13

@niftyのFAX出力サービス

 出張の前に、備忘録として更新。

 メールやブラウザ経由でFAXが送れるサービスがNiftyにはあるんですね。

FAX出力サービス

 FAXを使わないといけないということは、私自身最近ないのですが、奥さんは時々あるんですよね。家庭用のFAX機はあるんですが、紙送りの調子が悪いんですよ…。

 でも、

テキスト… 42円/ページ
画像  …126円/ページ

 は高いね(苦笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.12

テレビ番組の有料ネット配信

 今日付けの日経新聞朝刊に大きく取り上げられていたのが下記の記事。

日テレ、ネットで番組を有料配信・1年内に1万本以上

 日本テレビ放送網は10月からインターネットで自社番組を有料配信する。ネット上に会員制のホームページ「第2日本テレビ」(仮称)を開き、1年以内に1万本以上の番組を用意、100万人以上の視聴者を確保する計画。放送と通信の融合を見据え、民放大手が番組を本格的にネット配信するのは初めて。地上波放送で広告収入に依存してきたテレビの事業モデルに影響を与えそうだ。

 野球中継の低迷で視聴率の苦戦が伝えられる日本テレビ。それだけに、少しは話題性が欲しかったのでは?と勘ぐってしまうのはイケないでしょうか(笑)?

 意外に思ったのは、"民法大手が番組を本格的にネット配信するのは初めて"というくだり。数年前(調べると2002年)に「TBS・フジテレビ・テレビ朝日」の合同でネット配信のための会社としてTRESOLA(トレソーラ)という会社を立ち上げたことを記憶しています。私はMacなので利用できなかったのですが、お使いになった方、いらっしゃいますか(苦笑)?
#映画ならまだしも、テレビ番組で有料って定着しにくいと思うんですよね

株式会社TRESOLA
トレソーラ、ブロードバンドを使ったテレビ番組配信サービスを実施

 私は、ビジネスモデルとしては、以前取り上げたこともあるUSENの"Gyao"の方が受け入れられやすいと思います。CMをはさむという方法で視聴は無料。先日、ユーザ登録数も100万件突破したそうです。

USEN、無料ブロードバンド放送「GyaO」のユーザー登録数が100万件を突破

 ただ、番組のネット配信という時代になってくると、"テレビ局"という免許制度に縛られなくなりますよね。重要なのはコンテンツですから、実際に番組を作っている制作会社が独自で配信していくことにも可能です。

 長年にわたって君臨してきたテレビ局の看板は強力ですが、小回りの利く制作会社が台頭してくる時代になってくることを期待したいです。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2005.07.11

どのネタで笑えましたか?

 ご存知でしょうか?かなり豊富なラインナップをそろえていて、結構楽しめるストリーミングポータルサイト

BIGLOBEストリーム

上記のインデックスをご覧いただくだけでも、なかなか豊富な品揃えです。

 その中でも、私がこの夏、敢えて皆さんに問いたいコンテンツ。それが




衝撃「未確認動物」





……



…………



……………



なかなかステキな

問題児ですよね(笑)?



 興味を持たれた方は、リンク先の動画を下から順にご覧ください。ただし!!!




決して職場で

ご覧にならないでください…




理由が知りたい方は、レッツ・トライ♥

#私は杉並人面犬をリコメンデッド(笑)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.07.10

今日のランチ

 最近、おなかの調子が思わしくない私と奥さん。

 奥さんが先日友達と行ってきた雰囲気のいいお店が、おいしい薬膳料理を出すとのことで今日のランチはそこへ行ってきました。場所は青山の骨董通り沿い。




aoyama_lunch01
この内容で1,050円は満足





 お店のアドレスはこちら(なんとブログ(笑))。結構な人気店なようですよ。

 そのあとは、少し近所を散歩しました。私は体調があまりすぐれなかったのですが、嬉しそうに歩いている奥さんについついつられて…(笑)。

 最後はYOKU MOKUの青山本店でお茶をして帰りました。




aoyama_lunch02
中庭を眺めながら…

 あぁ、普通の日記だ…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.09

ロンドン

直前まで目にしていた光景は

いつもの日常だったことでしょう



そう、いつものように

愛する人を見送ったはずでしょう



なのに…



失われた命を前にするあなたがたに

かけてあげられる言葉を見つけられず

今はただ

心が痛むばかりです



心よりの哀悼を

ロンドンへ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.07.08

そこはか日記様よりの映画バトンに応えて

 先日、Musical Batonに快く応じてくださった「そこはか日記」のコングBA様から今度は映画バトンをいただきました!

 他ならぬコングBA様のご依頼でございます。




謹んでスールをお受けします(←いや何か違う)






過去1年間で一番笑った映画

少林サッカー
B000069B84
残念ながら、ここ1年間という範囲では挙げられませんでした…。ただ、私が映画館で大笑いしたのは間違いなくこの作品。監督兼主演のチャウ・シンチーには惜しみない賛辞を贈りたいです(笑)。

過去1年間で一番泣いた映画

シンドラーのリスト
B00005R22X
スピルバーグ監督のアカデミー賞作品。劇場で大粒の涙をこぼしました…。
また、この映画の曲の美しさを決して忘れないでください。ジョン・ウィリアムス、映画音楽の神様です。
このページで一部試聴できます。

心の中の5つの映画

ローマの休日
B00005R23E
永遠の名作。長い時間が過ぎても全てのエンターテイメント要素を凝縮したこの作品は決して色あせません。演じる俳優だけでなく、吹き替えや字幕まで完璧。



ベン・ハー
B0007IOJV6
1959年の作品とは信じられない、超スペクタル映画。特撮などほとんどない時代に、マンパワーでこれだけの映画を作り上げたハリウッドはやはり偉大。
あの「とつげき〜そくど〜」のシーンはインパクトあったなぁ(笑)…。



ラスト・オブ・モヒカン
B00005FPRA
なぜ、この映画?と思われるでしょうか。実は私、大学の友人が作ったゲームのシナリオに頼まれて書いたのが初めての作曲。この映画のテーマは金管楽器のイントロが印象的なんですが、これが当時とても参考になったんです。
映画のテーマを試聴する
残念ながら、そのゲームが完成することはなかったそうなんですが、私が書いた曲は彼らの手によって10本だけカセットテープに録音されてコミケ(おそらく1993年)に出展され、"一応"完売したそうです(笑)。お一人、曲ごとに細かく感想を書いて送ってくださった方がいらして、その方の手紙は私の一生の宝になっています。



ゴースト ニューヨークの幻
B0007XG64E
高校生の頃、当時の彼女と最初の頃のデートで観た映画。あまり期待せずに見に行ったのですが、二人をグッと近づけた映画でした…。エンディングロールであのテーマが流れる中、どちらからともなく、瞳を閉じて…。時々、再放送されると当時を思い出し、心が染まります。奥さんにはナイショですよ…。



テルミン
B00005V2JB
ミニシアター系の映画館でしか上映されていないですし、どちらかというとドキュメンタリーなので作品としては面白くないんです。ただ、どうしてもこの「テルミン」という楽器、そしてそれを発明しながら悲劇の運命をたどった天才テルミン博士、テルミンの世界最高の演奏者でもあり、テルミン博士の直弟子でもあり、終世忘れ得ぬ恋人でもあったクララ・ロックモアさんのことを知ってほしくて…。
二人の間に流れた長い年月に思いを馳せて、テルミンという楽器を知ってほしいです。


今回は、私からバトンはお渡ししません。もし、ぜひ語りたい映画がありましたらお教えくださいませ…。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2005.07.07

1周年 と 100,000HIT突破のお礼


日頃の皆様に

感謝を込めて…

rose1016

 早いものでココログを始めてから、本日でちょうど1年となりました。また、嬉しいことにこの節目のタイミングで10,000HITを超えることとなりました。
※2005/07/06 23:00頃 キリ番踏まれた方いらっしゃいますか?

 本当にありがとうございます。

 個人の日記であるにもかかわらず、多くの皆様とご縁があったことを感謝するばかりです。

 今後とも、よろしくお願いいたします。









 いやはや、花の写真を飾るのは照れくさいですね…。
#しかも自分で…(笑)

 動植物が苦手な私ですが、この花は昨年の結婚式の時に奥さんが抱いていたブーケの一つ。今日一日だけ、ここで借りることにします。

 インターネット。長らく読むだけの人間でしたが、こういった場を持てる時代になったんだなぁと感慨もひとしおでした。それだけでなく、コメントという形で反響をいただけるというのは嬉しかったです。

 今年はどんな一年(ネタの上で)にしましょうか…(笑)

| | Comments (7) | TrackBack (1)

2005.07.06

Google Earth動画

 昨日の続きです。

 Google Earthの動画キャプチャをダウンロードできるようにしました。残念ながらこの動画はQuickTime7以上の方でしか再生できないため(H.264形式)、現状、Macの方に限られてしまいます。
#Windowsでご覧になれる方もいらっしゃるかとは思いますが…

 honey_moon2004.zip
 (31.4MB  8分21秒 QuickTime形式をzip形式にて圧縮)




 画面起動時から

 渋谷駅〜成田空港〜ニース
 〜モナコ(王宮)〜モナコ(カジノ)
 〜エクス・アン・プロヴァンス〜アルル
 〜アビニョン法王庁〜パリ(エッフェル塔・凱旋門・ルーヴル美術館)

という流れです。特に渋谷駅やモナコ、パリは詳細な衛星画像があるため、かなり拡大できます。




google_earth_shibuya
都心部(渋谷駅)はここまで寄れる!





 ご覧になれる人は、ささやかなひとときを楽しんでください。ファイルサイズが大きいかどうかはご判断に任せます。私はこれでもかなりコンパクトだと思いますが…(笑)。

 動画の移動速度を遅めに設定したため時間が長いんです。ゆっくりにしないと酔ってしまうんですよ…。

 あとは字幕をつけたり、音楽つけたり、写真を織り交ぜたりと夢が膨らみます。

2005/07/10午後 追記
 コメントを寄せていただいたnagoyan様より、Google Earthの可能性を感じさせるご自身のブログをお教えいただいたのでこちらからもトラックバックさせていただきました。
 ツール・ド・フランスをGoogle Earthで追うというものですが、私のような素人でもレースのイメージが一発で理解できます。ぜひ、ご覧ください。
 earthhopper

| | Comments (11) | TrackBack (2)

2005.07.05

Macユーザから見たGoogle Earth

 先日、Googleより発表されてβ版とはいえその内容の面白さに話題となったGoogle Earth。これは、世界各地の衛星写真を地球儀のように自由に見て回れるというものです。




earth





 ホントに残念なことにこのソフト、現在のところWindows版のみ!私も会社のWindowsマシンで試してみたところ、その見せ方のうまさに思わず惚れ込んでしまいました。

 …で、思ったんですが、その割にはその面白さが伝わってくる記事がないんですよ。よくて画面のキャプチャ程度。Windowsユーザの人たち、それだけですか?あぁそうですか…(苦笑)。

 今回ばかりはGoogleに言いたいですね。"早くMac版を作れ"と。これを使って作ってみたいと思わせる動画なんて数えきれないです。

 どれだけ、空想力を刺激されるかを知らしめたいので、今回、会社のWindowsマシンを使ってその動画をキャプチャしました。

 とりあえず、まず最初に浮かんだのが昨年の新婚旅行の道筋をこれで辿ること。キャプチャした動画をiMovie(Apple純正の動画編集ソフト)を用いて、たとえば現地の写真を織り交ぜて編集するだけでも、すごく見応えのある作品になると思いませんか?











上記動画がうまく観られない人はこちら
サイズの都合でパリの一部だけを
パリのエッフェル塔〜凱旋門〜ルーヴル美術館です
#後日、H.264形式で全体の旅行程の動画も用意します




 いや、もうインスパイアされまくりです(笑)。こんな楽しいもの、早くMacユーザにくださいヨ…。


過去の記事ですが…
フランス旅行記_0(概要編)
フランス旅行記_1(ニース編)
フランス旅行記_2(モナコ編)
フランス旅行記_3(エクス・アン・プロヴァンス/アルル/アビニョン編)
フランス旅行記_4(パリ編)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2005.07.04

Podcastのことなら

 iTunes4.9でAppleが次なる潮流として取り入れたPodcast。アメリカでは加速度的に登録サイトが増えているようですが、日本ではまだ立ち後れている感があります。iTunes Music Storeがまだ始まっていないことにも由来しているのかもしれませんが…。

 そんな迷えるビギナー(私も含めて)にありがたいサイトです。今後訪れるPodcastのポータルサイトになるかも。

Podcast Now!

 iTunes Music Storeにも早速日本語のPodcastが登録されているんですね。エントリーの「iTunes Music Storeに登録されている日本のポッドキャスト」が参考になりました。

 既存の国内ラジオ局も早くこの潮流に乗ってほしいですね。考えてみれば、現状のラジオ局がインターネットで公開している番組程度ならば、これで十分にまかなえるハズ(笑)。

 地方局が一気に全国区になる可能性だって秘めているんですヨ…。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.07.03

このiPodでは困るなぁ…

 2年以上使ってきた3G iPod(第3世代iPod)のバッテリーがヘタってきてしまいました…。毎日のお供に欠かせないヤツでしたが、行きの電車分しかバッテリーが持たなくなってしまったんです(笑)。

 iPod Photoが発表されたとき、カラーのiPodではアートワーク(アルバムのジャケット写真)が表示されるようになると知り、その時からせっせと登録してきましたので、ここらが頃合いかと先日発表されたiPod(カラーのものです)20GBモデルを買ってきました。

 アートワークが表示されるのはやっぱりいいですね。シャッフルモードで音楽を聴いているとき、画面のアートワークを見てどのアルバムかというのが分かりますし。

 ただ、残念なことが…。




 ズバリ言うわよ!!(By 細木数子)







昔のモデルより
音が悪くなっている…(号泣)





 正確に言うと、どうも微弱音にグジュグジュという類いのノイズが乗るんですよ…。初期のCDプレーヤは、D/Aコンバータのところでこういうノイズが出た記憶がありますが、久しぶりにこういったノイズを聴きましたねぇ…(苦笑)。私のライブラリには結構ピアノが多いんですが、最初音が出てきた時にその汚さに驚きました…。ローファイの音っぽい。

 携帯音楽プレーヤとはいえ、iPodはこんな音だったっけ?と思い、以前のiPodで同じ曲を再生させると、そんなノイズは乗らないんです…。ピアノだけの曲だとハッキリ分かるのでお試しあれ。

 逆に面白いことに、低音は出るようになっているんです。以前だとイコライザーを使うと割れていた音が、割れない。むしろ音圧もあるかも。ロックやポップスはイケるんです。

 現時点での最新ファームウェアにしてありますが、これは次のファーム待ちかもなぁ。ファームウェアで音が変わることはよくありますが、これは直してもらわないと困るなぁ…。

| | Comments (8) | TrackBack (3)

2005.07.02

違和感

 パソコンによって文字を入力するようになって以降、気をつけなければならなくなったのが




誤変換





 ついつい気づかなかっただけのものもあれば、用法に迷うこともあります。ネットで私が見かけるもので多いのは「~を内蔵」が「~を内臓」になっているものや、「~通りの方法が」を「~とうりの方法が」となっているものなど。

 さて、07/01付けの読売新聞の読売社説なんですが、私はどうしても違和感を感じるんですよね…。いや、いつもながらの「高飛車な態度が腹立つ」とかではなく(笑)。

7月1日付・読売社説(1)
 [リフォーム詐欺]「卑劣な『点検商法』を閉め出せ」

 住宅リフォームのブームに付け込んだ犯罪である。

 東京のリフォーム会社の元地域担当部長らが、詐欺と特定商取引法違反の疑いで警視庁に逮捕された。この会社グループは最近3年間で、5399人と115億円もの工事契約を結んでいた。大半が不正な契約と見られている。…






yomiuri01





 うーん、どう思いますか? この場合、タイトルは「閉め出す」でしょうか。私には「締め出す」のほうが正しいように思えるんですが…。悪徳業者を建物の中に入れないという意味ならば「閉め出す」なんでしょうけれども、文章全体を読むと要は「悪徳業者の一掃」ですから、「締め出す」のほうが適当だと思うんですよ。

 読売新聞の社説って、いつも自信満々じゃないですか(苦笑)。だから、もちろん自信を持って書いているんだろうと思うと、こっちもどちらが正しいのか迷うんですよね…。

 さて、あなたのジャッジは?

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.07.01

iPod課税(追記あり)

 now and then様の「"iPod課金"委員会〜里中先生の意見がわかりやすい!」より、先日のiPod課金を議論する法制問題小委員会(第5回)の資料が閲覧できることを知りました。これは、現在MDなどにかけられている私的録音録画補償金を、急速に普及しているiPodをはじめとしたハードディスク型のプレーヤーにも導入するかというものです。

zfyl 著作権分科会 法制問題小委員会(第5回)

 ニュースでは、意見が分かれてまとまらなかった(ただ、最終的には導入されそうなニュアンスが報道文面から感じられるのは気のせい?)と報じられていますが、「私的録音録画補償金の見直し」に対する法制問題小委員会各委員提出意見を見るとたしかに割れていますね。

 ただ、賛否の意見をよく読むと賛成意見の根拠が

・音楽が録音されているから
・MDなどで導入されているのならば公平性の観点から必要

という主張なのに較べ、反対意見のほうが雄弁、かつ鋭い指摘が多いように思われます。そもそもこの私的録音録画保証金制度そのものが必要なのかどうかという意見も。

参考までに、賛否両論の意見を一部ピックアップします。

(課金賛成)

専用機については、追加指定を検討すべきである。公平性の観点からである。
(末吉 瓦氏)

現行制度を前提とする限り、上記機器などは、指定の典型的機器というべきであって、除外のままで放置することはできない。政令で指定するべきである。
上記機器などは、ユーザーがインターネット音楽配信サービスから音楽コンテンツの提供を有料で受けることから複製の対価を支払うことを理由として、本保証金制度の適用を免れるべきであるとの主張があるが、CDからの複製を制限する技術を導入しておらず、この複製が存在することは明らかであって、他の機器と分ける事情はない。

(松田 政行氏)



(課金反対)
1.ハードディスク内蔵型録音機器等については、録音録画以外の機能(たとえばスケジュール管理)をも有してはいるものの、少なくとも形式的には法30条2項による課金対象危機に該当しうる。

2.ただし、結論的には、これらの機器を政令により課金対象として追加すべきではない。本制度は、もともと個別管理までの「踊り場」として理解すべきものであるが、平成5年の制度導入時点以降、技術環境は変化している。第一に、コピーワンス(コントロール)機能によって、私的録音・録画された副生物の「拡散」を防止することが今や可能であり、課金制度の導入を支えた論拠の一つが、もはや失われていること。第二に、ネット上での音楽配信ビジネスが本格化しており、かりに、これらの機器自体に課金してしまうと、消費者は、機器の購入およびダウンロードの「二重徴収」にさらされるおそれがあること。

(小泉 直樹氏)
パッケージからネットワークへの移行は急速に進みつつあり、ネットワークの技術的保護手段の開発スピードからして、本制度は段階的に縮小するとともに、定期的に見直して、廃止することも視野に入れるべき。
(浜野 保樹氏)
本保証金制度は、下記④に後述するとおり、多くの基本的問題を内包しており、廃止も含めて制度自体の根本的な見直しが必要である。このような状況にある制度に対して、基本的議論をすることなく、機器の追加などにより制度の肥大化を測ることは、制度自体の見直しを遅延させることにも繋がりかねないため、政令による追加指定は不適切である。
また、追加の候補に挙げられているiPodについては、「携帯できる外付けHDD(Hard Disk Drive:外部記憶装置)」として利用することが可能であるため、汎用機器と解される(http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20050607/112417/)。したがって、録音専用機器と解すことは事実誤認であり、政令による追加指定は不適切である。

(山地 克郎氏)


ふと思い出されるのが、第二のビールと呼ばれた発泡酒、そして第三のビールなど、ビール会社が開発した低価格ビールに次々と課税をしていき、消費者の反感を買ったできごと。

金が取れるところからどんどん取ってやれというスタンスが見え隠れして…ね。

(07/01追記)
コメントに寄せられた「ウラ漢汁」のあらびー様のご指摘に大変興味深い記事がありました。

ほとんどの消費者が知らずに払っている「私的録音録画補償金」

 意外に思われたのが、この私的録音録画補償金制度は経産省と文化庁の共同によるものであること。しかも経産省のスタンスとしては既に

 経済産業省としては,2005年4月中に公表する予定の「情報経済・産業ビジョン」の中でも述べているように,私的録音録画補償金制度について「技術的保護手段」の進展などを踏まえ,可能な部分からすみやかに見直す予定だ。例えば,補償金制度に替わる予算制度の活用なども視野に入れつつ,制度の縮小・廃止などに向けた検討を開始すべきだと認識している。  「著作権の管理・保護」は重要な課題だ。その反面,情報家電が普及するデジタル社会においては,コンテンツの円滑な流通を確保するとともに,「デジタル社会の恩恵を最も大きく受けるべき消費者・利用者の利便性」を尊重しなくてはならない。現行の「私的録音録画補償金制度」も含めて,著作権法の制度全体が,双方の適正なバランスに基づく仕組みに1歩でも近付くように,関係者による不断の努力が今後とも必要である。

 廃止すべきという認識があるんですね。

 と、なると頑強に抵抗している人たちの思惑が気になりますよね。ニオイませんか(笑)?

| | Comments (9) | TrackBack (1)

« June 2005 | Main | August 2005 »