« 佳境 | Main | いくら弁解しても見出しが与える誤解は大きい »

2005.06.15

頂点に立つ者が見つめた余命

 マク様経由、「第114回 スタンフオド大学の卒業式で、ジヨブス゛・ラィヴ演説」にて、Apple社CEOのスティーブ・ジョブズが行なったスピーチを知りました。

jobs_papa

 学生に向けて、様々な自分の体験を話したスティーブですが、私が思わず胸に込み上げたのは

The last part of his speech was about death. When he was diagnosed with cancer about a year ago, Jobs said doctors expected him to live no longer than six months. He had surgery not long after and has since recovered, but the experience nonetheless taught him another lesson.
Stanford Report, June 12, 2005より

 昨年、ジョブズが膵臓ガンで入院したというニュースは、Macコミュニティにとどまらない大きな衝撃でした。幸い良性のもので無事に退院できると聞いた時は心から安堵したものでしたが、まさか本人が当初、医師団から余命半年と告げられていたとは…(絶句)。

 Apple社の創業者にしてMacやiPodの生みの親。それだけでなく、CG映画で大ヒットを続けているピクサー社(モンスターズ・インクやトイ・ストーリーで有名ですね)のCEOでもあるジョブズ。

 世界の頂点に立つ彼が、ある日告げられた半年の命。思ったのは達成感だったのでしょうか、それともまだある生への執着だったのでしょうか…。

 ジョブズはその時の経験を元にこう言っています。

"Your time is limited, so don't waste it living someone else's life," Jobs said. "Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice."
(時間は限られているんだ。他人にかまけている時間なんてないんだよ。信念は決して曲げてはならない、他人がどう言おうともね。…超意訳)

 ジョブズ、長生きしてください。私はまだあなたの魔法に酔いたいのですから…。

追記:トラックバックさせていただきました
 「失う事」(だから何が言いたい! 様)
 「無宗教「十戒」。」(そこはか日記 様)

|

« 佳境 | Main | いくら弁解しても見出しが与える誤解は大きい »

Comments

トラバさせていただきました。
ジョブズCEOの経験された事で、とても考えさせられたものですから^^
私もジョブズの魔法に、まだまだ酔っていたい人間の一人です^^

Posted by: ★TAK | 2005.06.15 at 05:20 AM

>★TAK様
 余命半年と告げられていたというのは衝撃的でした。

 今年の大変革にも大きく影響しているのかもしれませんね。でも、生き急ぐことのないように祈るばかりです…。

 トラックバックありがとうございました。

Posted by: Solid Inspiration | 2005.06.15 at 07:20 AM

>>他人にかまけている時間なんてないんだよ。
わかりました、本当にその通りです。
膵臓癌で比較的進行の鈍いものだったのでしょうか、見つけにくいのに素晴らしい回復ですね。この方にはまだまだやらなくてはならないことがあったのでしょう。Solidさんや★TAKさんにとっては神様のような存在のこの方、益々のご活躍を!!

Posted by: コングBA | 2005.06.15 at 03:03 PM

つまんない記事書きました。
トラバします。
暇つぶしにもなりませんが・・・。

Posted by: コングBA | 2005.06.15 at 04:24 PM

私 一度 余命宣言されそうになりましてね。
勿論 誤診だったけど・・・

そのとき 思ったことは
自分で動ける時間は半分かな?
身辺整理には ギリギリか・・・
執事の事もちゃんと考えなきゃ・・・
あとの半年で 仕事に 主婦にと
極々普通に 生活できればいいなーって
思いました。
自分の生活を全うしたい・・・

これが 死ぬ怖さを振り払える
最大の武器かも知れません・・・

まっ 私が死んだところで
世の中が変わるわけじゃないけど
悲しむ人がいるわけだから
その人たちのためにも頑張りたいと
思いました!

Posted by: 冬薔薇 | 2005.06.15 at 06:13 PM

>コングBA様
 トラックバックありがとうございました。ああいった形で、コングBA様が表されたことって凄いことだと思うんです。

 生きているってやっぱり素晴らしいですね。

>冬薔薇様
 強さや優しさは辛さ・悲しみを乗り越えた人でないと持ち得ないと、よく聞きます。それを実感したコメントでした。

 心に去来されたことを考えると、胸が痛みます。もちろん、何分の一も分かり得てはさしあげられないのでしょうけれども…。

 生きるということの意味、こういった形でお二方から教えていただけでもご紹介した甲斐がありました。

 わたしはやっぱりジョブズの信者なんですね(笑)

Posted by: Solid Inspiration | 2005.06.15 at 10:34 PM

私はポスト・ジョブズのアップルが心配で。。。
ジョブズとて人の子、いつかはリタイアします。
アップルはいつまでもエキサイティングな会社でいて欲しい。
経営がエキサイティングだと困りますが。

Posted by: あらびー | 2005.06.15 at 10:58 PM

>あらびー様
 その思いはMacユーザ全ての心配事ですよね…。

 現在、ジョブズの右腕はフィル・シラーですがカリスマ性という点では…。
#嫌われないキャラだとは思いますが(笑)

 ジョブズほどのカリスマ性を持っているのはスティーブ・ウォズニアックとジョナサン・アイブでしょうか。でも、二人とも経営者ではないですものね。

Posted by: Solid Inspiration | 2005.06.16 at 08:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42074/4556790

Listed below are links to weblogs that reference 頂点に立つ者が見つめた余命:

» 失う事 [だから何が言いたい! ]
「自分がいつかは死ぬことを忘れないことが、何かを失うことに対する恐れから逃れる最 [Read More]

Tracked on 2005.06.15 at 05:16 AM

» 無宗教「十戒」。 [そこはか日記]
 よく自己啓発(自己顕示欲ではない)セミナーとかいうのが、一頃見られた。これってよく分からないけれど [Read More]

Tracked on 2005.06.15 at 04:25 PM

« 佳境 | Main | いくら弁解しても見出しが与える誤解は大きい »