« 新幹線 | Main | 事実なら恐怖 »

2005.03.10

三宅島の写真

 探偵ファイル様三宅島の三池地区を撮影した記事がありました。

 思わず言葉を失うほどの廃墟。火山ガスなどの影響もあるのでしょう。

 現実問題として、まだ火山の影響は色濃く残っているようです。住み慣れたところに住めないという状態のご苦労は察してあまりあります。

 新潟やスマトラでついつい忘れてしまいがちですが、三宅島のことも忘れないでおかないといけませんね。

#ただ、残念ながら街頭募金がイマイチ信用できないんですよね…

|

« 新幹線 | Main | 事実なら恐怖 »

Comments

凄まじい光景ですね。
火山ガスというものの恐ろしさを身近に感じていない私にとっては、どんな言葉を言っても、被害に遭われた方々には上辺だけの言葉ととられてしまうのは承知していますが、本当に以前のような生活に早く戻れるようお祈り致します。

次は我が身・・・他人事では済ませられないことですものね。

Posted by: ★TAK | 2005.03.10 at 01:59 AM

本当に島が死んでしまった、という言葉が思わず出てしまいました。
火山灰で覆われている所は再生するのに時間を要すると言います。
「時間」と言ってももちろん2時間とかではなくて・・・
雲仙もしかり、自然の恐ろしさをまざまざと見せつけられます。新潟もまだ余震があったようで、気が気じゃないですね。

Posted by: コングBA | 2005.03.10 at 08:04 AM

>★TAK様
 そうですよね…。私もこの写真を見るまで現地の様子を知る機会がありませんでした。
 火山とともに暮らすということってやっぱり簡単なことではないのですね。

>コングBA様
 ついつい、この間のことですら忘れてしまいがちのわれわれ日本人。こういったことは常に心にとどめておきたいですね。

Posted by: Solid Inspiration | 2005.03.10 at 08:46 AM

知人が三宅島に住んでいました。
東京に子供さんがいましたが
島の暮らしをしたいと
八丈島に避難しています。

まだ三宅島の住居に
電話がつながらないので
帰島されていないのかもしれません。
70歳を超えていらっしゃるので
帰島→生活が難しいのかも知れません。

Posted by: 冬薔薇 | 2005.03.12 at 12:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42074/3236063

Listed below are links to weblogs that reference 三宅島の写真:

« 新幹線 | Main | 事実なら恐怖 »