« 私も愛用者 | Main | TVをネット経由で »

2005.03.02

ネットにおける壁

 インターネットの普及に思いを馳せることが時々あります。

 一番大きいのは、"距離"という物理的な壁を越えたこと。先日の友人とのiChatAVによるビデオチャットでそれを痛感しました。マレーシアと日本とで同時に時間を共有して会話をするということはやはり凄いことです。

 最後に残っている壁は、"言語"ではないでしょうか。会話のリアルタイム翻訳はまだ実現されていませんしね。

 ただ、文字であるならば無料の翻訳サービス等があります。

英語・独語・中国語・韓国語などから直接和訳できる無料翻訳サービス(INTERNET Watch)

 何かと便利です。自分の備忘録にしておきます。
マジカルゲート

 をぉ!そうだ、自分のココログのタイトルを記念に訳してみましょう。


Solid Inspiration Blog
 →堅実なインスピレーション・ブロッグ

……

………

…………

 "堅実"かぁ…。


 もうちょっとカッコいい意味のつもりだったんだけどなぁ…(涙)。

|

« 私も愛用者 | Main | TVをネット経由で »

Comments

堅実ですよ!
紳士的で知的で!
それこそSolidさんのお人柄を感じます。

あ、お礼なんですけど、教えて頂いたエミネムのHPを観て、早速「アンコール」をアマゾンで購入しました!またまたはまり記事、書いちゃいます・・・

Posted by: コングBA | 2005.03.02 at 07:58 AM

書きたいこと・・
「コングさんに同じ」です。

ひとつ伺いたいこと・・・
このブログのフォント大きいですよね。
これって 何か設定の秘密 ありますか?
それともプラスとかプロの違いでしょうか・・

コメントのフォントも大きくていいなーと
思っていたのですよ。
「表示」で設定すればいいことだけど
仲間に障害者が多いもので・・・
一度質問してみたいなって思っていました。

Posted by: 冬薔薇 | 2005.03.02 at 10:09 AM

>コングBA様
 う、ありがとうございます…。自分としては、もっとクールな技術志向か、もしくは読むと笑いが止まらないといったサイトが憧れだったんですが…(苦笑)。

 精進します。今後ともよろしくお願いいたします。

>冬薔薇様
 ありがとうございます。お訊ねの件ですが確認してみました。

 私は、ココログプラスを使用していてスタイルを一部変更しており、本文のフォントを"Arial"の"中"にしています。

 どうしてこの設定にしたかは記憶が定かでないのですが(苦笑)、私自身がMacユーザということもあり両方で見比べながら試行錯誤をしたんだと思います。

 ただ、冬薔薇様のサイトと比較する限りではサイズはほんの一回り程度違うだけかな、という印象です。

 ちなみにWindowsのIE.5で表示するとフォントサイズがもっと大きくて崩れるんですよね…(苦笑)。

Posted by: Solid Inspiration | 2005.03.02 at 11:30 AM

やはり「プラス」でしたか・・・
無料枠の「ココログ」でも
色々いじれるといいのですが・・・

PC初心者は「他人の芝生」が
とーってもよく見える 
but
真似できないもどかしさに
撃沈しております!

Posted by: 冬薔薇 | 2005.03.02 at 02:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42074/3132142

Listed below are links to weblogs that reference ネットにおける壁:

« 私も愛用者 | Main | TVをネット経由で »