« 横浜へ… | Main | 私も愛用者 »

2005.02.28

QuickTime Broadcaster

 以前から、MacでもLAN経由でTVが観たいというのは何度か書いてきました。

 理想を言えば、単体でそれを実現してくれる小型のハードウェアやYahoo!BB無線TVパックのようなサービスがMacでも利用できればいいのですが、現状ではそういった手だてがありません。

 そこで考えたいのがMacをもう一台使用して、Quicktimeストリーミングが行なえないかということです。

 実は1台に対してストリーミングをするだけならば、割と簡単にできるのです。流すための映像はFireWire経由である必要があるため、TVを流してみたいというのであればI-O DATAのGV-1394TV/M2 のような製品が必要です。
※その場合は木下 幹司様の記事を参照してください

 今回、ストリーミングの練習としてDVカメラを使用して設定してみました。

 正直言って、あっさりとできてしまうので驚くと思います。

  1. QuickTime Broadcasterのダウンロード
  2. qtbroadcaster_iconまず、こちらのアップルのサイトよりQuickTime Broadcasterをダウンロードしてください(無料)。
    これは一体何のソフトかと言うと、動画や音声をリアルタイムでエンコードできるソフトです。1台相手ならばネットワークに流せますが、複数台に配信する場合はQuickTime Streaming Serverにデータを渡してやり、そこから配信する必要があります。


  3. QuickTime Broadcasterの起動

  4. DVカメラをFireWireポートに接続し、電源を入れたらQuickTime Broadcasterを起動します。すると起動した画面にもう、DVカメラの映像が見えているはずです。
    画面下の"詳細を表示"ボタンをクリックすると詳細設定画面が表示されます。


  5. オーディオ設定

  6. qtbroad_01入力源を"DVオーディオ 最初の2チャンネル"に変更すること。MPEG4オーディオでいいのではないでしょうか。







  7. ビデオ設定

  8. qtbroad_02これは試行錯誤が必要なようです。コーデックはいくつか試してみましたが、現状ではMPEG4がストリーミングには適しているように思えます。次期QuickTimeのH.264だったらかなりのクオリティにはなるかもしれませんね。LANで流すのであればデータレートは800kb〜1500kbくらいまで上げてもいけそうです。ただし、この辺はマシンスペックやネットワーク環境に左右されます。


  9. ネットワーク設定

  10. qtbroad_03ここがキモです。最初、思いっきりつまずきました…。転送は"手動ユニキャスト"、アドレスは「ストリーミングを見る側のIPアドレス」を指定するんです。これにハマりました(苦笑)。動画を再生する側のIPアドレスを控えておき、設定してください。






  11. ストリーミングファイルの書き出し

  12. qtbroad_04設定が終わったら、"ファイル"メニューの"書き出し"より"SDP"にて書き出しを行なってください。書き出しを行なったら、"ブロードキャスト"ボタンを押し、ストリーミングを始めます。先ほど書き出したsdpファイルをストリーミングを観るマシンにコピーし、ダブルクリックすれば再生されます。








 私の環境では、QuickTime Broadcasterを動かすマシンとしてPowerBookG4(DVI)800MHZを使用しました。このマシンで、CPU占有率がギリギリ100%を切るといったところです。
※設定にもよりますが…

 実際の試聴にはエンコードやネットワークの関係でタイムラグが生じます。私の環境では4秒ほど遅れました。

 Mac miniをサーバー用途で買われる方も多いようです。こういった使い方もぜひ試していただきたいと思います。

|

« 横浜へ… | Main | 私も愛用者 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference QuickTime Broadcaster:

« 横浜へ… | Main | 私も愛用者 »