« December 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.31

iLife '05レポート(iPhoto 5)

 iLife '05を渋谷のビックカメラで購入してきました。
※ついでにiWork '05も…(苦笑)。

 まずはiPhoto5について、簡単なレポートです。あ、その前に真っ先に検証したのですが、iDVD 5でも先述の方法で外付けドライブは使えました

  1. 動作の高速化
  2. iPhoto 4から劇的に速くなったかと言うと、確信は持てません。私のライブラリは2171枚の写真で1.1GBほどですが、iPhoto 4も十分速いと思っていたクチですし特にストレスはありません。
    ただし、写真をダブルクリックして編集モードになっている時は、前後の写真へ移動がスムーズになるよう先読みしているらしく表示が速いですね。上段のフレームにライブラリの写真が表示されているので作業しやすくなりました。


  3. デジカメムービーの取り扱いに付いて

  4. QuickTimeで表示できるムービーは取り込めるようです。取り込んだムービーは最初のコマでサムネイルができていました。
    ムービーファイルは ホーム>ピクチャ>iPhoto Library以下、写真と同じように日付ごとに作成されたフォルダに保存されています。ファイルの作成日、もしくは変更日が使われているように思われます。
    なお、再生しようとダブルクリックをするとQuickTime Playerが起動してそちらで再生することになります。iPhotoの中で再生するわけではないようです。


  5. かなり凝ったスライドショー

  6. 基本的にこれまでのスライドショーはアルバムの下に存在していたのですが、今回、画面フッタ部の"スライドショー"ボタンを押して作成するスライドショーはアルバムと同じ階層に独立したものを作成するためのボタンになっています。これまでのアルバム単位に記憶させていたスライドショーは画面左下の再生ボタンを用います。
    独立して作成できるようになったスライドショーは、写真ごとにトランシジョンやエフェクト、写真の調整ができるようになっており、結構使い出があります。結婚式の写真をデジカメで撮っておき、二次会でそれを流すということでよく使っていますが、さらに活躍してもらえそうです(笑)。
    コメント欄のテキストが表示できるとさらにいいかもしれませんね。


  7. 写真の調整

  8. 今回新たに追加された写真の調整機能ですが、使いやすいです!リアルタイムで変更が分かるのとヒストグラム表示があるおかげで、何となくでもちゃんとした調整ができます。これはやっぱり便利ですね。


  9. カレンダーによる調整機能

  10. 機能としては便利なんですが、微妙に直感的でない感じもします。たとえば"カレンダー"と書いてあるところをクリックすると今日に戻って来れるとか、カレンダーによる絞り込み表示を解除する時の小さなバッテンとか…。iCalを踏襲しているんですね。もちろん機能そのものはすごく便利。


 私が検証できるのはこの辺でしょうか。RAWファイルを取り込むようなデジカメは持っていませんし…。

 今回のこのiPhoto 5はとにかく完成度が高いです。これだけのためにiLife '05を購入しても意味があるでしょう。
※ざっと触った感じでは他のソフトも良かったですよ

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Macでのスクリーンセーバー(2)

 昨日、.Macメンバー向けにXtremeMac社の「Freefall」スクリーンセーバーの無料提供が始まりました。

 早速、ダウンロードして入れてみたのですがこれは凄い!いや、ホントに美しいですよ。ダウンロードができる方はぜひ試してください。













デジカメのムービーで撮ってみました





 人工衛星の軌道をリアルタイムで再現するソフトなのですが、あまりのカッコ良さに魅入られます…。

 表示されるパターンは、他にも"Big City Night Tour"(地球の夜景上に衛星を表示)、"Hubba Hubble"(ハッブル望遠鏡を中心に様々な角度で地球を表示)というのがあります。

 ぜひ、お試しを…。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.01.30

Solid Inspirationって

 先日のエントリーで"takekaze@human_being 竹風の退屈な毎日"のWhite Cap様よりここのタイトルについてご質問をいただきました。

 黒く筋肉質なPowerBookG3から一転、薄さと直線から構成されたPowerBookG4を購入したのが2002年の夏。私にとっては三代目のPowerBookです。


pg4_dvi




 箱から取り出した時、なんと言ったらいいのか…抜き身の日本刀を前にしているような緊張感があったんですよね。これを持つ人は、普段から安物を買ってはいけないなぁとホンキで思わせるほど(苦笑)。

 その時に浮かんだ言葉が"Solid Inspiration"なんです。

 他人が圧倒されるような絶対的才能の持ち主から発せられる鋭さや冷たさ、それに対する憧れも含んでいます。

 人間はやっぱり正反対のものに…ってやつでしょうかね(笑)。

 今後ともよろしくお願いいたします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.01.29

夢の話(2)

 強烈なインパクトが残った夢というのは、やはり何かの知らせだったように後から思い起こされる気がします。

 奥さんと知り合う少し前、二日続けて強烈な夢を見たことを覚えています。一日目は丘の上にある実家で満天の星を眺めていると、轟音とともに飛ぶミサイルが炎の尾を引き、沖に着弾する夢。二日目は、目の前でジャンボが墜落して爆発する夢。そう、二日とも爆発が続いたんですよね…(苦笑)。

 夢占いはお詳しい方にまかせますが、こんな夢を見て"一体何が起こるんだろう?"と思っていたところに偶然奥さんと知り合ったわけです。象徴めいた出来事だったなぁと今でも思います。

 こんなことを言っていいのかどうか分かりませんが、私の経験では、"花畑"や"満天の星空"という夢は恋人ができる前触れのように思えます。また、自分の親指の爪に粒のような白い斑点ができている時は、かなりの高確率で恋愛運でいいことが起こります。自分でも不思議なくらいですが。

 はっ…。いつの間にウチは占いサイトになっていたんだ(笑)…。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.01.28

夢の話(1)

 自分が寝ている間に見た夢を毎日覚えていますか?

 私の経験では、起きた後に思い返すよう習慣づけていると、夢を覚えていることができるようです。人間、毎晩夢を見ているはずなのですが、大概忘れてしまっているんですよね。

 とても印象に残っている夢があったら、その内容を書きとめて自分宛にメールを送っておくと面白いですよ。

 実は私、夢から持ち帰ってきたものがあります…。

 高校1年のとき、夢の中で鮮やかに浮かび上がった言葉がありました。意味は分からないのに直感で"あぁ、これ自分の名前だ"と思ったんですよね。夢うつつの状態で、必死に紙に書きとめました。

 朝になるともちろんその"文字"は覚えていません。自分でもそれが現実だったのか、それとも夢の中の話だったのか自信がなかったのですが、机の上の紙に"それ"は残っていました。

name_01


 意味どころか、発音すら分かりません(苦笑)。正直、後半の単語は正確な綴りだったかどうかも怪しい…。でも、たしかにこの文字が夢の中で浮かび上がった記憶だけは鮮明にありました。

 それ以来、折に触れてこれを使っています。昔は英和辞典をひいても載っておらず、ずっと意味不明のままだったのですが、インターネットのおかげで最近は少々分かってきました

 まず、一つはカナダにそういう町があるということ。

オフィシャルサイト

name_02
地図

 もう一つは、この言葉がラテン語で"高らかに響き渡る"という意味があるということ。

 不思議ですよね。お察しの通り、私はこの言葉には全く面識ないんです。意味についても上記のものがはたして当てはまるかどうかは不明です。

 ただ、自分にとってとても"大事な"言葉であるような気がしてずっと大事にしています。

 皆さんも、"夢"についてはいろいろありませんか?

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.01.27

頑張ったね 妻へ

 奥さんは、とある会社の広告部門でコピーライターをしています。自社商品のパッケージやチラシのコピー作成が主な仕事。

 昨日は、記念すべき日。

 初めて全国紙の某新聞に奥さんが担当した広告が載っていました。

 ホント、頑張ったね!新聞は規制が大変だと苦労していたものね。

 きっと多くの人の目に触れていることでしょう。

 ささやかながら、このココログでお祝いします。新聞、買ってきちゃった(笑)。

 体には気をつけてね。おつかれさま。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.26

ここの宅配は美味かった

 ポストに入っていた折り込みチラシの写真を見て、奥さんと"これは頼んでみたいね"と話し合っていたのがこちらの「釜寅」。

kamatora_01jpg

 釜飯の宅配なのですが、結構豪勢な感じですよね。ポイントは一緒に魔法瓶で届く「おだし」。釜飯で食べて、最後はこれをかけてお茶漬けにするのです。

参照:美味しい食べ方

 ご飯の量が結構多いのですが、たしかにこれならばお腹に入るんですね…。二人ともかなり堪能しました(笑)。

 お店は都内が中心のようですが、機会があったらぜひ…。

 ちなみに一人分でだいたい1,400円前後でしょうか。ちょっと贅沢です(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.25

Macが21周年

 SoWh@t様の"Mac 21st birthday・・・"より

 昨年は20周年ということもあり、Mac関連でエポックメイキングな製品が出る(もしくはそれを祝った製品が出る)などという噂が流れていましたね…(笑)。

 結局、昨年のAppleは"iTunes&iPod"の年でした。もっとも、業績の大きな伸びを考えると記念すべき年になったとは言えるかもしれません。

 ただ、今年はMac miniiLife '05の発表などでMac関連にスポットが当たるスタートを切ったと思います。次期OSのTigerも発売されますし、今後が楽しみですね。

 SoWh@t様、一周年おめでとうございます。

 記念に、期間限定で去年落としておいた貴重な動画を…←削除しました
※2005/01/26修正。こちらのサイトにある動画のほうがいいですね。ぜひご覧ください!

MacTurns20
ジョブズカッコいい!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.01.24

10mのFireWireケーブル

 引っ越した私の部屋ではレイアウトの都合上、机の上で使うPowerBookG4と周辺機器は離れてしまっています。プリンタは無線LANで使えていますが、他のFireWire周辺機器は、使うたびにわざわざPowerBookG4を周辺機器のある棚へ運んで使っていました…。
※我ながら情けない姿(涙)

 FireWireケーブルは、理論上最大で4.5mまでとされています。この長さでは壁に沿ってケーブルを這わせた場合、周辺機器まで届きません。

 いろいろ調べたところ、なんと10mのFireWireケーブルが存在することを知りました。

firewire_cbl_01
7,140円(送料別)

 これ、商品名は"延長ケーブル"となっていますが、既存のケーブルにつないで延長するのではなく、普通の10mケーブルです。

 本当はこの半分でよかったのですが(苦笑)、おかげで快適になりました! 机の周りに周辺機器がいっぱいあるのも少々カッコ悪い気がしていたので…。

 なお、ケーブルで伸ばした先にはBelkinのFireWireリピーターハブをかませてあります。

firewire_cbl_02
※アップルストアにて6,195円でした


 ディジーチェーン接続ではiPodが不安定(マウントしなかったりデータが壊れたり)だったのですが、効果はてきめんで、それ以降は全く問題ありません。

 ちょっとした参考にしていただければ幸いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.23

"かしわ"の揚げたもの

 タイトルの食べ物が分かりますか?

 一昨日から昨日にかけて某中部の"海なし県"に出張していたのですが、ふと思い出してしまいました。

 今の会社に入社直後、半年ほどその"海なし県"に研修で住んでいたことがあります。恋人(現在の奥さん)とは遠距離恋愛となってしまいましたが、月に一度ほどはこちらに遊びにきてくれていました。

 その度にレンタカーを借りて近隣をドライブしたのですが、あるお店で入った食べ物屋での会話が今でも二人の語りぐさになっています。

 とあるお店でセットメニューを頼んだ時のこと。あるメニューの内容に"かしわ"と書かれていました。

 不思議に思い、「この"かしわ"はなんですか?」と注文を聞きにきた女性に訊ねたところ

「はい、"かしわ"の揚げたものが付きます」

 との答え…。

 私も奥さんも困惑をしながら「いや、"かしわ"って何ですか?」と再度問いかけると、今度は怪訝そうな顔をしながら

「え?"かしわ"は"かしわ"ですけど…」

 会話がかみ合いません(苦笑)。

 私は結局その"かしわ"を"柏餅"の"柏"ということだろうと理解することに決めました。

kashiwa_01

 葉っぱの揚げ物が出たところで別に嬉しくもないので、結局別のメニューを注文。

 とは言え、二人とも食事をしながらなんだか腑に落ちません。

 その疑問が解けたのはお店を出た後でした。

 店先に出ていたメニューのサンプルにあった"かしわの揚げたもの"は…





kashiwa_02

鶏の唐揚げでした





 後で知ったことですが、どうやら中部あたりを境に西側では鳥肉のことを"かしわ"と言うようですね。私も奥さんも関東なので全く知りませんでした…。関東だけではなく東北の方もこれは分かりません。
※通じないということを知らない人が多かったです

 今となっては懐かしい思い出です。ちなみに、当時の食体験のおかげで我が家のお味噌汁は赤だし派になりました(笑)。
※名古屋の名物は今でも二人とも大好き

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2005.01.22

あれ?…

 昨晩より出張で中部のとある県に泊まりです。無線LAN完備のホテルを選んだおかげで快適です(笑)。

 ところで、一昨日からここのアクセスが普段の倍になっているようです。その内のほぼ半分の方は"iDVDで外付けドライブを使う"をご覧になっていただいているようです。

 関心のおありになる方が多いのでしょうか。うーん…、やっぱりiDVDは外付けのドライブに対応した方がいいのでは…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.21

カフェの一角でプログラムを…

 HotWired Japanの"本やCDをバーコードで管理するマック用ソフトが人気"より

 カフェをオフィスがわりにして作ったMac用のソフトで成功した、という話なのですが"カッコいいなぁ"と少々憧れてしまいました。

 私、"行きつけの喫茶店でノートパソコンを広げて優雅にお仕事"というシチュエーションに憧れています(笑)。独立しているわけでもないのに(苦笑)。

 引っ越してからいろいろ探してはみたんですが、歩いて数分でいける距離には喫茶店もなく、また無線LANが用意してあるお店もないんですよね。喫茶店で"禁煙"なんてありえませんし、分煙のお店もまだ多くはありません。

 それに、毎日長い時間占有しているような客なんて許されませんよね!日本では

 紹介されているソフトもサイトを見ましたが、なかなか面白いです。バーコードで自分の持っている物がカタログ化できて、その情報を共有し合えるというコンセプトに感心してしまいました。日本でもアマゾンと協力して使えるようになるといいですね。

 しかも、バーコードリーダが必要かと思ったらQuickTimeで表示できるデバイスならば問題ないとか!

 MacOSXではプロ用の定番ソフト以外は今後も大型のソフトが売れることはないと思います。でも、こういったシェアウェアは逆に売れていくのではないでしょうか。

 一つのお手本のように思えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.20

写真のデジタル化

 Photo CDというものをご存知ですか?

 写真をデジタルメディアに保存する手段として、存在してきた一般的な規格です。詳細はIT用語辞典 e-Wordsによると

 高品質の写真画像データをCDに記録する規格。1990年に、オランダのPhilips社とアメリカのEastman Kodak社が共同開発した。

 35mmのネガフィルム、APSフィルム、ポジフィルムで撮影した写真を、1枚のCDに最大100枚まで記録でき、追加書き込みも可能。データは可逆圧縮されるため、JPEGのように圧縮によって画質が劣化することはないが、その分、圧縮フォーマットでCDに記録するよりも収録枚数は少なくなっている。

 スキャンしたデータは「BASE」解像度(768×512ピクセル)を中心に、上下2倍ずつの5つの解像度を持つ「イメージパック」というフォーマットで保存しており、用途に合わせて画質を選んで取り出せる。最小の画像(1/16BASE)は192×128ピクセル、最大の画像(16BASE)は3072×2048ピクセルとなる。

 撮影済みフィルムからCDに書き込むサービスは、全国の写真プリントショップなどで利用できる。料金は100枚で1万円前後。

 となっています。

 先日、結婚式のアルバムが業者よりようやく仕上がって届きました。

 その際、こちら側で指定した写真をPhotoCDにして一緒に送ってくれました。

 Macで早速読み込んでみると、MacOSXではiPhotoが自動的に起動してくれるんですね!!取り込みボタン一つでiPhotoに写真ファイルが読み込まれます。なお、その際の解像度は2048×3072(16BASE)となっており、一枚あたりのファイルサイズは4MB前後です。

 特に大切な写真ですし、Macに取り込んでおくといろいろ応用が利くのでPhotoCDの作成サービスを調べてみることにしました。

 すると…

KODAKではもうやっていない!
こちらを参照

 どうやらイメージパックCDという規格に切り替わっているようです。

 内容をよく読むと、実質的にPhotoCDを踏襲しているようですね。読み込み方の資料を見ても、MacOSXではiPhotoが自動的に起動して取り込めるということですから、私の使用方法に問題はないでしょう。

 ただ、やっぱり料金はかかります。1枚のCD(約100枚分)で11,000円強はしますし、納期も一週間ほどかかるようです。

 より手軽な方法としては、同じKODAKにピクチャーCDというのもあります。こちらは1536×1024のJPEG形式で1枚のCDに約200枚保存できるようです。料金もフィルム1本あたりで700円くらい、納期も2日くらいのようです。

 でも、特別な写真ですからね…。今回はイメージパックCDを試してみたいなぁと思っています。

 なお、後者のピクチャーCDに似たサービスは国内メーカにもあるようです。

コニカミノルタ:CD-R書き込みサービス
FUJIFILM:フジカラーCD

 ただ、どちらも専用のソフトはWindows専用のようです。おそらく、JPEGの写真データはiPhotoにドラッグ&ドロップすることで取り込めるのではと思うのですが…。

 iPhotoとの連携ではKODAKのほうが上ですね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.19

スマトラ沖地震被災者支援チャリティー

 今回もまたウラ漢汁様の"スマトラ沖地震チャリティについて。"より知ることができました。

 早速、募金させていただきました。ありがとうございました。

スマトラ沖地震被災者チャリティーコンテンツ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.18

スターウォーズ・キッド

 Eisuke@様の"インターネットは怖いけど面白くて凄い" より

 詳しくはリンク先のここをご覧になっていただきたいです。

 一少年の恥ずかしい日常がネットに出たらこうなりました、という話なんですが、スゴいことになっています(笑)。

 でも全体を通してみると、なんとなく皆さんこの少年に優しいですよね。最後はちょっと微笑ましい話になっています。

 やっぱりアレを見た人たちは

他人とは思えない(汗)

 私も身に覚えが…(苦笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.17

Mac miniでナイトライダー

 Mac miniのサイズが1DINサイズ(車のパネルに入れられるサイズ)というのは聞いていましたが…

IT media NEWS:「Mac miniを“KITT”にする」車載キットが登場

mac_mini01
ホントに出るんですか!

 ナイトライダー 懐かしいですね(笑)。観たことがあるのは小さい頃なので、記憶はあいまいなのですが…。

 一応、MacはOS標準で音声読み上げ・音声認識は対応していますが英語のみです。
※日本語については以前のエントリーで取り上げたソフトならば読み上げも認識も結構いけます

 さすがにMac miniが車を運転するわけではない…、ですよね…?さすがにそれはちょっと怖いような…。

 何しろ、トラブルになったら文字通り"暴走"になってしまいますものね(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.01.16

MacWorld SF 2005雑感(iLife '05編)

 今回の基調講演では、ソフトウェア群の発表もありました。

 昨年のiLife '04から有料となってしまい、出荷時にインストールされていたバージョン以降は基本的に買わないとならなくなりましたが、今回発表されたiLife '05も購入するだけの価値は十分にありそうです。


mcwrd05_03




  1. iPhoto 5
  2. indexiconiphoto20050111
    スライドショーが充実したことに注目しています。何度か触れたことがありますが、結婚式の2次会などで挙式・披露宴の写真をiPhotoのスライドショーを使ってプロジェクターに映すと大変に喜ばれるんです。
    写真のレタッチ機能も強化や、デジカメのムービーも管理できるようになるなど、満足のいく強化がなされています。気になるのは、現状のスライドショーのバグ。1280×720の解像度でスライドショーを投影すると、キューブエフェクトが正常に機能しないんです。直ってるかなぁ…


  3. iMovie HD
  4. indexiconimovie20050111
    自分の結婚式で流したスライドショーの時にはすごくお世話になっただけに、このソフトの楽しさをもっと知ってほしいです。DVカメラがなくても、iPhotoの写真だけで相当見応えのあるスライドショーが作れますから。


  5. iDVD 5
  6. indexiconidvd20050111
    DVD作成機能のあるMacを持っているのならば、iMovieとこのiDVDを使ったDVD作成は便利です。何よりも、標準で用意されている"テーマ"のセンスが凄くいい!ただ、もうiDVDも外付けドライブに対応してほしいですね。現状のiDVD 4 で外付けドライブを使う方法の記事は、今でも私のブログでは多くの方がご覧になっていらっしゃるようですから。


  7. Garageband 2
  8. indexicongarageband20050111
    今回の機能強化は、おそらくiLife '05の中で一番なのでは…。8トラック同時録音、リアルタイムの楽譜表示、MIDIファイルの取り込みなど、まさに一昔前のプロ向け音楽用ソフト。
    ※私、8年前にLogicを7万円ほどで買いました…(涙)。
    久しぶりにまた曲を作ろうかなぁ…。


  9. iTunes 4.7.1
  10. indexiconitunes20050111
    こちらはセキュリティ関連の修正と、iPod shuffle対応がメインのようですね。無料ダウンロードは継続されます。



 8,190円って高いと思いますか?私、破格の安さだと思います。既に購入は決定済み。

 ただ、気になるのが次期MacOSX10.4 Tigerとの関係。Tigerが出るのが今年中だとしても、まだしばらくは出ません。TigerはiLife をどう含むんでしょうか?私の予想では、Tigerに含まれるのはiLife '04までなのではと思うのですが…。
#そうでないと今iLife '05を購入した人が損しますしね

 Tigerはもうそろそろ発売日を発表してほしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2005.01.15

MacWorld SF 2005雑感(iPod shuffle編)

 ウラ漢汁様の"iPod shuffle。"にトラックバックさせていただきました。

 世間の興奮をよそに、比較的冷静に発表を見ることができたiPod shuffle

mcwrd05_01

 実は私、以前フラッシュメモリー型のプレーヤを使っていたことがあります。MPIOAD-DMG128という機種でした。当時で29,800円ほどだったでしょうか。

 "MacOSX対応"ということだったのですが、正確には"MacOSX上のClassic環境で動作する"ということであり、曲の入れ替えの手間も面倒だった記憶しかありません。
#OSX iTunes用プラグインも出ると言ったのになかなか出なかったんです
 今見たらあってビックリでしたが(笑)

 MPIOで思い知らされたフラッシュメモリー型プレーヤの不便さと、現在のiPodの快適な操作性から考えると、フラッシュメモリー型のiPodというのはありえないとまで思っていたほどです。

 "発想の逆転"とはよく言いますが、Appleはホントに凄いですね。

 本体で曲を選択するのではなく、iTunesにそれをさせてやればいいデショ!っていうのはホントに脱帽ですよ…。だから、液晶画面もナシ!

 普段、音楽をシャッフルモードで聴いている人は、自分が聴く時間分だけの音楽がプレーヤに入っていればいいわけです。iTunesというコアを持っているAppleのこれが強みなのでしょうね。

 ところで、それまでのプレーヤでもシャッフルモードの再生はあったのに、なぜiPodでのシャッフルモードに、皆ハマっていくんでしょうか。

 よく、聞きます。"いや、なかなかニクい展開をしてくれるんだよ、これが…"。

 そうなんですよね。ホントになぜかツボにはまることがあって、私も鳥肌立たされたことがあります(笑)。中に小人がいると言う説もあながち嘘ではないのではと思うほど…。

 すると驚きの記事が!
人気急騰!!携帯音楽プレーヤー(テレビ東京:WBS)

 どうやら、シャッフルにも美学があるようです!
#既存のiPodやiTunesもこうだったのかは不明

 Appleは音楽を楽しむことを知っている会社だということがあらためて再認識させられました。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.01.14

MacWorld SF 2005雑感(Mac mini編02)

 Amazonの「エレクトロニクス」ランキングのトップ10を見ると、4位と8位にそれぞれMac miniの1.25GHzと1.42GHzがランキング。しかもそれ以外の製品も、512MBのメモリースティックを除いて全てアップル製品(iPod shuffle関連)です。
※2005/01/14 10:30時点




これは大ヒットかも…


mac_mini01
※Appleは頑張って出荷してね(笑)





 さて、このMac mini。メインターゲットはWindowsユーザです。今のところ、Macに興味があるというライトユーザから、バリバリのUNIXサーバとして使いたいというヘビーユーザの関心を集め、戦略は成功しているようですね。また、既に使っているMacが旧くてリプレースを考えていた方にも、買い替え候補として魅力的なようです。もちろん、全く初めてのパソコンとしてもアリ(※ホントはiMacG5を勧めたいですが)でしょう。





問題は…

まだ十分に使えるマシンを持っているにもかかわらず

アップルストアのカスタマイズ画面で

構成を試しては悶々としている

既存Macユーザ…


mac_mini02



すなわち…





私(爆)
※ハードとしても魅力的なのに、お手ごろなんですもの…。

 ここは一つ、購入の言い訳正当な理由を考えることにしましょう。


───────────────────────────────────  
コンセプトは 「リビングMac」

 我が家では、私(PowerBookG4)と奥さん(初代iBook)それぞれがノート型のMacを自分の部屋で使っています。ネットワークはAirMac(初代ベースステーション)で無線LAN化済み。

 そんな環境下でMac miniをどう活かすかと考えると…。

 まず、Mac miniは二人の部屋の中間であるリビングに置きます。ついでに、リビングのテレビをモニター代わりとします。
※このためにリビングの液晶テレビの候補がVictorのLT-32LC50にほぼ絞られました
 って、お金が…(涙)


mac_mini03
う、Mac mini ペシャンコだ…

 Mac miniには無線LANもBluetoothもつけて、メモリもHDもMaxとしておきたいですね。

 サードパーティの製品に期待したいのですが、こういったものが欲しいです

・Bluetooth対応のトラックポインタ(orトラックボール)内蔵小型キーボード(Mac用)
・Mac miniのデザインにマッチしたUPS(無停電電源装置)
 ※冬場はエアコンでついついブレーカーを飛ばすので…
・同じくMac miniのデザインにマッチした外付けHD

 それらをセッティングの後、Mac miniでたとえばこんなことを



  1. デジカメ写真の共有

  2. デジカメで撮影した写真を共有したい。


  3. 音楽の共有

  4. お互いが持っている音楽ライブラリを共有したい。


  5. アドレスブックの共有

  6. お互いの共通の知人について情報を共有したい。


  7. その他ファイルの共有

  8. ファイルのバックアップや共有


  9. テレビのQuickTimeストリーミング

  10. リビングでだけではなく、自分たちの部屋でも気軽にテレビを観てみたい。録画予約をしておいた番組を好きな時間に観るのもいい。


 実は、1.と2.に関しては特にリビングにMacを置かなくても、iTunes4以降やiPhoto4以降のRendevouz共有機能を使えば簡単に実現できます。ただし、いつでも参照し合いたい場合、マシンもソフトもお互いに起動したままにしておかないとなりません…。
#奥さんのOSがMacOSXになることが前提です(現在はまだOS8.6)

 3.アドレスブックのRendevouz共有についても、Tigerあたりでは実現されると聞いたような…。

 問題は5.のソリューション。実は、私はこれがメインかも…。

 放送中の番組やHDに録りためた番組を、無線LAN経由で観ることができる、というソリューションを手軽に構築できる手段がMacにはまだありません。Windowsでは、SHARPのガリレオを使うという手があります。これ単体でDVDに焼いたりするところまではできませんが、それ以外は十分に対応しているだけに残念…。

 また、東芝のハードディスクレコーダーである「RDシリーズ」のネットdeモニター機能に対応している機種であれば、録画しておいた番組をQuickTime形式で観ることができるそうです。ただし、録画済のものに限られるのとMPEG1形式なので、ストリーミングで観るには画質がイマイチとの評判なようですが…。

 では、Mac miniを活かしてどうするのか。

 MacOSXが動作するマシンで動画のストリーミングを配信すること自体はAppleから出ている無料のソフトで可能です。OSXServerでなくても動作します。

QuickTime Broadcaster
・外部入力された映像・音声をリアルタイムでエンコードするソフト。
 接続ユーザが一人だけならばこれだけでも配信は可能。

QuickTime StreamingServer
・QuickTime Broadcasterで作成されたストリーミング動画を複数に
 配信するためのソフト。
 QuickTime Broadcasterが放送局ならば、こちらはテレビ塔のような
 ものでしょうか。

 QuickTime BroadcasterとFireWire接続のテレビチューナ付DVエンコーダがあれば下記記事を参考にすればストリーミングでテレビは観られます。ただし、エンコードの品質はマシンパワーに依存します。

無線でTVを見る
 ※ホント木下様は神様です
  アイオーデータ:GV-1394TV/M2()


 QuickTime StreamingServerまで含めた形で参考になるのはこちらの記事でしょうか
自宅発のライブストリーミングに挑戦!
QuickTimeで生中継
QuickTimeとMPEG-4

 いかがでしょうか。

 本音を言えば、"TVチューナー + ストリーミングエンコーダ" の部分は単体のハードにまかせてしまいたいのです。この部分はソフトウェアで実行するには結構負荷が高いですから…。
#専用のチップは存在しており、ネットワークカメラなどに使われています。

 複数ユーザに配信したいときにだけ、サーバとしてMac miniでQuickTime Streamingserverを用いるという使い方がいいですね。ただし、配信する時は家庭内だけにとどめておかないとまずいでしょう。

 あれ?結局…

妄想しすぎですか?

 何か他のアイディアはないでしょうか…。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

2005.01.13

MacWorld SF 2005雑感(Mac mini編01)

 噂系サイトのThink Secretで"低価格のMacが発売される可能性"が報じられたのが年末の12/28でした。

 この情報は、それまで"フラッシュメモリ型iPodの登場が今回の基調講演のメイン"という半ば公然の秘密を吹き飛ばし、様々な議論・憶測を呼び、Appleのファンは基調講演を固唾をのんで見守ることになります。



 出ました


mac_mini01




 ここ一両日のインターネット上の反応を見るかぎりは大きな興奮を持って迎えられていることは間違いありません。単なる低価格(58,590円〜)だけでなく、コンパクトかつシンプルで美しいデザインを実現させて登場させてくるあたり、本当に脱帽です。

 昨日も書きましたが、ここまで思い切った価格のMacを出す事自体、これまでのApple(=スティーブ・ジョブズ)にしては柔軟な戦略です。また、大きな挑戦でもあります。

 まずAppleとしては、"MacOSX & iLife '05"でWindowsユーザに自分たちを知らしめようとしているのでしょう。自信ができたのです。

 基調講演の中でジョブズはこう言っています。"これでMacを買わないという言い訳はなくなった"
すなわち、さぁ買ってみて較べてみろ と。

 Appleは1997年にiMacを大ヒットさせました。周辺機器のスケルトンブームやUSBの普及を考えても、その影響力は大変なものだったはずです。しかし、だからといってシェアでWindowsを逆転したわけではありません。むしろ当時iMacを購入して以来、買い替えてきたメインマシンはずっとMacだという人の割合はどれくらいでしょうか。

 "これからのコンピュータはデザインだ"という潮流を産みはしましたが、今にして思えば"コンピュータを使ってこうやって楽しむんだ"というのを提示しきれなかったと思いませんか?結局、"買ってはみたものの…"となってしまった家庭も多いのでは?

 Mac miniは販売台数ベースでいけば、大きなヒットが見込めるはずですが、決して多くの利益を得られるものではありません。Appleが今回狙っているのは、"Macを使っている方がずっといい!"と思える人を少しでも増やすこと。つまり継続的なユーザを増やしたいのです。そのためにはWindowsからのスイッチャーに多く指摘される不満については、Appleも改善していく覚悟なのかもしれません。その反応を見て最後の仕上げに盛り込みたいがために、本命の次期OS"MacOSX10.4 Tiger"発売を少し遅らせているのではと勘ぐってしまっているほどです(笑)。

 私は、今後のMacを占う意味で今回のMac miniにはドキドキしています。

 明日は、このMac miniの用途・可能性についていろいろ考察してみたいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.12

MacWorld SF 2005雑感(全体編)

 様々な噂が飛び交っていたMacWorld SF 2005 ですが、昨晩のスティーブ・ジョブズの基調講演にて多くの新製品が発表されました。

mcwrd05_01 mcwrd05_02 mcwrd05_03 mcwrd05_04

 まずは おかえりなさい!ジョブズ! でしょうか。元気そうな顔が見られて嬉しいです。

sjobs010905



 ココログ上の反応を一通り見てみると、かなりの興奮を持って迎えられている感じがします。私も今日は仕事をしながらも今回の新製品のことでいろいろ頭が一杯でしたから(笑)。

 発表された数も内容も大変に厚みのあるものですので、分割して雑感を書いていきたいと思います。

 その前に、旧来からのMacユーザの方々は今回のExpoをどうお感じになったでしょうか。私は、"Apple(ジョブズ)は少し丸くなったなぁ"と感じました。

 発表された製品群は、アナリストやユーザの指摘をずいぶん取り入れたものばかりです。価格の安いWindowsからのスイッチャーを狙ったMac miniiLifeの改良、Apple製のオフィススイート iWork '05。特にiPod shuffleに至っては"これまでメモリーベースの製品に否定的、かつiPod miniによってそれらのプレーヤのシェアを減らした(62%→29%)にもかかわらずに製品を投入した"という意味で少々意外です。

 Appleにはどちらかというとちょっと気位の高い孤高の芸術家っぽいところを感じてきていました。周りの意見に耳を傾けることなく、自分が信じた道を突き進んでいるような…、そういう姿勢でこれまで切り拓いてきたんですよね。

 Appleの会社としての個性はスティーブ・ジョブズの個性と大きく重なりますが、昨年のガン手術を経て何かが変わったのではないのかな、と感じています。

 いずれにせよ、大きな興奮を持って迎えられた今回の新製品群。

今からとても楽しみです

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.11

秒読み

 MacWorldExpoがまもなく開幕します。

 今日はワクワクしながらおとなしく待っていることにします…(笑)。

 Macをもっと勧められるような製品が出てくるといいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.10

腹痛

 今日は、どうもお腹の調子が悪いようです…。

 私はよくお腹を壊します。冷えたり、脂っこいものを食べ過ぎたり牛乳を飲んだり…。

 丈夫な胃腸が欲しい(涙)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.09

Stuffitが重いぞ?という人へ

 取り急ぎ…

 Macユーザにはもはや空気のような存在となっている解凍ソフトのStuffit Expanderですが、本日、どうにもなかなか起動しない症状が出ていて先ほどから様々に試していました。

 最初は、全く起動しないのかと大変に焦りました(相当の時間経過後に起動する)。何度、アンインストール→再インストールを行なったことか…。

 万策尽きていよいよAppleのディスカッションボードを覗いたところ、同様の症状の報告と解決策が!

 参照:StuffItが重〜い!





あぁ神様…!ありがとうございます…!



 StuffitExpanderのメニューのPreferences…から、"Allow Version Checking"のチェックを外してください。

stuff01


 またDropStuffをお持ちの方は同様にメニューのPreferences…のOptionsより"Allow version checking"のチェックを外してください。

stuff02


 バージョンチェックを参照しにいくサーバの不具合なのでしょうか…。

 以上、感謝がてらご報告です。

追記:書いた後、「読んだ後に」様の"StuffItが起動しない。Versionチェックが原因"を見つけました。
   トラックバックさせていただきます。ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長寿の書き初め

 奥さんは折に触れて「長生きしてね」と言います。そのとき、私は必ず「君もだからね」と返すようにしています。
#新婚ですのでご容赦を…(苦笑)

 どちらが先に逝くにしても、愛する人との別れの辛さは計り知れないことでしょう。お互い長生きが一番です。

 そんなとき、私は書家だった祖父の書いた掛け軸を思い出します。

Continue reading "長寿の書き初め"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.08

東大 情報基盤センターのiMac

 Macお宝鑑定団様の2005/01/08のエントリーより。

 東大に情報教育端末としてiMacが1,100台以上導入されたというのは、昨年、驚きを持って報道されたのでよく覚えています。

 UNIXベースとなったMacOSXを用いることで、Officeアプリケーション/画像音楽アプリケーションも使えながら開発もでき、MicrosoftのRemoteDesktopを用いることで、ターミナルサービス上のWindowsも使えると、理由は至極真っ当なのですが、"世間のイメージするMac"からすればお堅いところに導入されましたものね(笑)。

 そんな東大情報基盤センターの導入事例がアップルのサイトに掲載されていました。記事もさることながら、ぜひ見ていただきたいのはこのムービーです。

 東大のiMacは本体の中にあるハードディスクで起動していません。ネットワーク上にあるサーバのOSを用いて起動しています(ネットブートと呼ばれています)。

 その起動速度たるやなんと

net_boot01
55秒!!

 速すぎ!ウチのPowerBookG4よりも速く起動します…。
#もっとも普段はスリープで使用しているのですが

 ぜひ、一度ご覧になってください。

 理学博士の川合教授がムービーでおっしゃっているように

"教育的配慮としては一つのOS・一つの環境のみで育つのではなくて複数の環境を使って〜"

 という下りが大事なことのような気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.01.07

ハムナプトラ

 たまたまテレビをつけたところNTV系列の金曜ロードショーで「ハムナプトラ〜失われた砂漠の都〜」をやっていました。

 実は、私この映画が大好き(笑)。

 元は「ミイラ男」を題材にした古い映画をリメイクしたものなんだそうですが、エンターテイメント映画としてはテンポも小気味良くホントに楽しいのです。

 DVD、買おうかな。続編もありますヨ。

B00069LUN6.09.MZZZZZZZ

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.01.06

いよいよ名古屋にも

 アップルストア名古屋が正式発表されていました。

アップルストア名古屋栄

 iPodの好調さが目立っているAppleですが、日本でのMac販売数はむしろ減少しているそうです。

 今年はMacユーザを増やしてほしいところですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.05

リビングのテレビ選び

 引越してきてもうすぐ2ヶ月になる我が家は2LDK。LDKを挟んで左右に奥さんの部屋と私の部屋がそれぞれあります。お互い自分の部屋は持つ必要があったので。

 面白いことにLDKとそれぞれの部屋合計3部屋にテレビアンテナの端子があるんです。

 LDKにはやっぱり薄型大画面TVを置きたいよね、とは話し合っていて私の中では候補は2つに絞り込まれています。

 一つは王道と言ってもいいSHARPの32インチ液晶テレビLC-32GD3

lc_32gd3

実売価格:320,000円前後



 もう一つは、先日ITmediaの記事で知ったバイデザイン30インチ液晶テレビd:3032GJ2。コストパフォーマンスの良さは特筆モノ!
d_3032gj2

直販価格:199,800円



 正直言って、バイデザインは侮れません。製品のラインナップをご覧いただけると分かりますが、40万円を出せば、液晶ならば40インチプラズマならば50インチが買えます。

 ただ、惜しむらくは現時点ではどの製品も地上波デジタルチューナーを搭載していないこと。これだけのテレビならばハイビジョンを表示しないことにはこのせっかくの高画素も活きないと思うのですが…。
#液晶の製品はチューナー部を入れ替えることによって将来的に対応可能としています

 うーん…、悩みます…。

 おススメってありますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.04

地球を観る

osx_planet01


 先日、Pipeline様のところで知ったOSXplanetというソフト。私、地球の様子をデスクトップに表示させるソフトが大好き。今までにもいくつかのソフトを試してみた経験があります。



osx_planet02


 雲や火山の様子、衛星の軌道を表示させることが可能です。また、月や火星から観た地球といった設定も可能なため、バリエーションも豊富です。

 特にここのところ気になるのが地震のマグニチュード表示。

 スマトラ島沖を見ると、大津波を引き起こしたM9.0をはじめ、たくさんの地震が起こっているのが分かります。また、世界中を見渡すと日本の地震の多さにもあらためて気がつかされます。
※表示はM5.0以上と設定してあります

 地球は奥が深いですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.03

銀座でGo!

 奥さんはもう明日から仕事なんだそうです。今年はなんだか休みが短いですね。

 午後から銀座へ。奥さんの"セール行脚"のお供でした(笑)。

 銀座のお店はどこも賑わっています。特に女性陣。若い女性だけでなく、落ち着いた年齢の方まで華やかに、そして嬉しそうにお店からお店へ…。

 やっぱり、景気はいいに越したことはないですね。去年に較べるとなんとなく皆さん元気な顔をしている気がします。

 いい年になってほしいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.02

紅白のロック魂

 大晦日、我が家では格闘技にチャンネルをあわせることはありませんでした(笑)。途中まではテレビ東京の懐メロ。あとは紅白の後半部分です。

 私、実は初めてマツケンサンバというものを観ました…。名前は知っていましたが、観たことどころか曲も聴いたこともなく、本当に昨年それが流行ったのか疑っていたほどです(苦笑)。




暴れん坊将軍 壊れてました…




 …でも家族は大喜び!母親は新年会の余興に練習するからと真剣に手を動かしていました(笑)。楽しかったです。

 聴き入ってしまったのはさだまさしさん。

 私、中学校の頃にファンになって今でも自分にとっては神様のような存在です。自分の中では、キースエマーソンやチックコリアと同じくらいに。

 歌における詩もそうですが、ライブのトークも絶妙。とにかく、"ことば"というものを美しく巧みに使う本当の天才だと思っています。

 今回の紅白で、さださんの歌詞が際立っていたように思えます。あえて直接的な表現を用いずに、アメリカのイラク戦争、および日本の対応に疑問を投げかけていました。

 フォークだけでなくかつてのロックもこうではなかったのでしょうか。時代に対して、強いメッセージを訴えかけるのがロックの魂だったのでは。

 傍らの奥さんに思わず言ってしまいました。




"いや、さださんこそがロックだ"

SCUM’S BLOG様の"紅白歌合戦のさだまさし"にトラックバックさせていただきました。
 歌詞が載っており大変に嬉しく思います。ありがとうございました。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

募金

volunteer01 日本のAppleのトップページもスマトラ島沖地震をお見舞いするページに変わっていました。

 新潟県中越地震の時のように、@NiftyIDで義援金を送付できればいいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.01

正月の海

marine01 実家は海がすぐ近く。でも、近いがゆえになかなか普段は足を運ぶことがありません。

 親と一緒に初めて地元の遊覧船に乗りました(笑)。少し波が出てきていましたが、やっぱり海はいいですね。

 本年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »