« とある中吊りポスターの偽り | Main | 初代iBook? »

2004.09.13

手相の中間審査

 いつもお世話になっている「そこはか日記」様の「生命線」というエントリから、手相の話を書いてみたくなりました。



 実は私、中学生から高校生くらいまで手相にハマったことがあります(笑)。

 周りの友人たちに手相を見せてもらい、本を見ながらしゃべっていたような…。エセ手相師ですね(苦笑)。

 私ももう30を少々過ぎてきていることですし、当時、自分が見立てた運勢と少しは照らし合わせることはできるのでは?

 私の手相、特徴としては右手と左手が大きく違うこと。右を見るのか、左を見るのかという点については諸説あるようですが、「両方見るがやっぱり利き手」、というのが多いようです。片方が先天的に持って生まれた手相・もう一方が後天的に作り上げてきた手相という話を私は現実的かなと感じています。
#利き手の手相のほうがやっぱりよく変わります

 私の左手、普通に考えたら凶相。生命線(親指の付け根から手首まで生える線)と感情線(小指側から人差し指方向へ延びる線)があるのみで、頭脳線(親指の付け根から手のひら中央を横切って延びる線)がなかったんです…。周りにもこんな手相はいませんでした。

 ただ、過去形で表現しているのは、大学に入ったころに変わったからです。といっても、頭脳線ができたのではなく、なんと感情線が延びて生命線の根元とくっつきました(笑)。

 これ、俗に言うマスカケ線なんでしょうか?成り立ちの経緯から考えると違うような気がします。私にも謎なんですが、左手の手相ですから、あまり気にはしていないのですが…。


「マスカケ線」
手のひらを上下に真っ二つに割るようにまっすぐ線が通っている手相。俗に天下を取る力を持つ手相として有名ですが、感情の起伏が幼稚という欠点も併せ持つとされています。徳川家康がこの相だったとか。
高校の担任だった大学出たての先生(女性)が、この手相で驚きました。東工大出の才媛でしたが、年の離れた相手と学生時代に既に結婚済み。独立志向はやっぱり強かったのでしょうか。4年後に離婚…。
また、私の会社の社長もマスカケ線です。さすが創業者(笑)。

 利き手の右手については、大雑把にまとめると以下のとおりです。


普通の生命線
可もなく不可もなく。といったところでしょうか。頭脳線と途中までくっついて始まっているあたりが、日本人らしい優柔不断さの象徴かも(笑)

まっすぐ短い頭脳線
まっすぐの頭脳線は実務系、優美なカーブを描く頭脳線は芸術系と言われています。
音楽で食っていきたいなんて思った自分が秒殺されたのもむべなるかな…(笑)。
コンピュータのSEは順当なところでしょうか。

普通の感情線
人差し指と中指の間で止まっていますからバランスが取れた恋愛感覚(?)ということになるはずです。これも順当でしょうか。

運命線は小指側から
まっすぐ中指方向に伸びている人が多い運命線(僕の友人でも多かった)ですが、私は小指側のほうから斜めに上っています。「人気線」と言われ、客商売に向いているとか…。周りの人にかわいがってもらっているという意味では当たりでしょうか。若いころはカリスマ的な支持を期待していたのですが(苦笑)。器が小さかったなぁ…。

未だ薄弱な太陽線
薬指の根元に現れる太陽線。大学に合格する2週間前に、突然現れたことをよく覚えています。もっとも、それ以来、線の強さは低迷を続けていますが(涙)。ここからは努力の問題ですよね。でも、線がくっきり残るように痕をつけるよう心がけていますが…(邪)

 こうやって見てみると、案外、外れてはいないでしょうか。

 占いも要は付き合い方。自らを省みるきっかけや指針とすれば、より良い方向に生きるはず。くれぐれも、こういったことに巻き込まれないようにしてくださいね(笑)。

|

« とある中吊りポスターの偽り | Main | 初代iBook? »

Comments

早速ありがとうございます!
あと、マスカケ線は波乱万丈の相とか。友人がこれで、意外に当たっている感が・・・
運命線の上昇の仕方が私と同じです。誰かの助言や援助で大成するっていう噂・・・
私の手相は複雑すぎてとても文では表せません(泣)
尚、私は宗教ではありませんのでご安心を(^_^)

Posted by: コングBA | 2004.09.13 at 04:05 PM

>コングBA様
 私、書いてみると平々凡々とした手相だったんだなぁと実感しました(泣)。

 運命線でちょっと怖い話をしていいですか…?


 49歳で他界した私の父、

 運命線は感情線で止まっていました…。


#母はその後、別の方と再婚。尊敬できる方とのご縁で、息子としては感謝でいっぱいです。

Posted by: Solid Inspiration | 2004.09.13 at 04:36 PM

・・・恐いですね、それは。
本当は単純でさっぱりしていた方がいいんですよね。
生命線に障害線が矢のように入ってますよ、私。
手相ブログでも立ち上げます?(笑)

Posted by: コングBA | 2004.09.13 at 04:52 PM

>コングBA様
 手相ブログ、面白そうですね(笑)。

 一日単位では変化が追えませんけれども(笑)。
#でも、手相はやっぱり毎日見た方がいいと思っています。

 線が多い方は、感性豊かで繊細と聞いています。思索的だからこそ文章が出てくるのでは。

 私はそれを読ませていただいて楽しんでいます(笑)。

Posted by: Solid Inspiration | 2004.09.13 at 05:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42074/1425416

Listed below are links to weblogs that reference 手相の中間審査:

» 【水曜】☆手相☆線が読めなくても大丈夫vol.2! /第5週 [メトロセクシャル推進委員会〜metrosexual a go go!]
ついに今日から12月です、師走です! 早いですねー、一年。なんだか切ないです。 今週も水曜日は占い担当、三好さやかでお送りします。 前回、手相... [Read More]

Tracked on 2004.12.07 at 11:00 AM

« とある中吊りポスターの偽り | Main | 初代iBook? »