« 司法のメスは福音となるか | Main | 親知らずを抜いた神の手 »

2004.08.27

AirMac Expressの問題点

 購入以来、我が家ではなくてはならない存在となっているAirMac Expressですが、一部これは直してほしいなぁという部分があります。

 正確にはiTunes4.6の問題なのかもしれませんが…

airmacexpress_on_hand



 私のメインの使用方法はiTunesでインターネットラジオを再生させ、その音をAirMac Express経由で別の部屋のステレオで鳴らすというものです。
#これはお店の有線の代替にも使えそうな気がします

 インターネットラジオによっては、接続が時々切れてしまうようなこともあります。接続参加者がオーバーしてしまったり、ちょっとした信号のロスであったり…。安定している局もありますが、不安定な局もあります。

 AirMac Expressでインターネットラジオを再生している時、上記のようにラジオの接続が切れてしまった時に、バグっぽい挙動が発生します。
#再現性が確実にあるのでバグでしょうね(笑)

  インターネットラジオの接続が切れてしまった場合、iTunesの画面の再生ボタンは  |> に戻らないとおかしいのですが、□ のまま(再生が続いているという状態)変わりません。

 さらに困ったことに、そのあとに他の局を選択して再生をさせ直し始めても音が出ないのです。

 この状態に陥ったときは、一旦、音の出力先を"コンピュータ"に戻します。それで音が出るのを確認してからもう一度AirMac Expressに変更すると大丈夫です。

 この現象はインターネットラジオでないと起こらないようですね。報告を見受けないのは、そういう使い方をしている人が少ないせいでしょうか(苦笑)。

 また、アップルのディスカッションボードにはこういった情報が寄せられています。

曲の頭が途切れて再生されませんか?

 寄せられている情報によると、デジタル接続でAirMac Expressから出力している時に曲の頭が切れてしまうそうです。これは、うーん、AirMac Expressの問題なのかも。

 製品そのものは革新的で素晴らしいので、こういった細かい修正点はちゃんと直してほしいですね。
#Appleが苦手としているところですが(笑)

過去記事
2004/08/10 AirTunes雑感
2004/08/03 AirMac Express買ってきた

|

« 司法のメスは福音となるか | Main | 親知らずを抜いた神の手 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42074/1287430

Listed below are links to weblogs that reference AirMac Expressの問題点:

« 司法のメスは福音となるか | Main | 親知らずを抜いた神の手 »