« 中華が美味しい | Main | OSXでWindows2000のハードディスクを »

2004.07.22

iPodに携わったビジョナリスト

 iPod miniや第4世代iPodの発売時期で、このココログにもiPodの話題が多いですね。

 iPodばかりが取りざたされていますが、私はiTunesが偉大なんだと思います。2001年の登場時点で既に今の形はできあがっていました。そこにiPodとiTunes Music Storeが加わることにより、シームレスな統合型ソリューションとして今に至っています。

 自分の手持ちのCDを管理できる。
  欲しくなった音楽を探してその場で購入できる。
   自分の音楽ライブラリを外に持ち出して好きなように聴ける。

 この明快なシステムがiPodのヒットを支えているのではないでしょうか。

 iPodのライバルが続々登場、競争過熱化か という記事を見ますが、そのほとんどがiPod対他社プレーヤという単体のハードウェア対決の切り口でしかありません。
 珍しく、今日の日刊工業新聞の1面にもiPod miniのカラフルな写真を載せた記事がありましたが、舶来品であるiPodに国産のSONY製プレーヤが巻き返しを挑む、そのことで盛り上がっているようにしか思えず…。
#ジジイの書いた記事だというのがバレバレ(笑)

 iPodの誕生秘話という記事がありました。

 それによると、音楽ダウンロードサービス志向のビジョンを持っていたポータルプレーヤー社のトニー・ファデルと、プレーヤのデザインやインターフェースのビジョンを持っていたAppleのスティーブ・ジョブズが今のiPodを生んだようですね。

 さて、件のSONYなんですが

iTunes Music Storeと日本の音楽配信の今後
「HDDウォークマンは半年、1年でiPodを追い抜く」——ソニー・安藤社長

 まず家に帰って自社製品を一通り触ってみたほうが…(汗)。

|

« 中華が美味しい | Main | OSXでWindows2000のハードディスクを »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference iPodに携わったビジョナリスト:

« 中華が美味しい | Main | OSXでWindows2000のハードディスクを »